ランキング
パチンコ週間人気ランキング
集計:2006/12/11〜2006/12/17
1位は『ぱちんこウルトラマン』。しばらく明け渡していた京楽の定位置に戻ってきました。
『ウルトラセブン』や『ジョーズ』によってすっかりと定着したバトルモードシステムを引き継いだ正統後継機でもあり、この人気は当然ですね。

5位に初登場はSANKYOの『キャプテンハーロック』。年末年始のSANKYOといえば松本零士作品というのも、もはや定番。
ちなみに去年は『CRフィーバー銀河鉄道物語』、一昨年は『CRフィーバー大ヤマト2』、ちなみに2002年は『CRフィーバー大ヤマト』でした。
さすがにパチンコ機種作品として安定していて、過去の機種のファンの人も納得、松本零士ファンも納得、それでいてパチンコ機種としての性能も良いというのはさすがです。年明けいっぱい導入されそうですね。

今週は本当に初登場が多いのですが、まず7位はタイヨーエレックの『CR機動新撰組 萌えよ剣』。
PlayStation2の人気ゲームソフトタイトルとのタイアップで、キャラクター原案は「うる星やつら」の高橋留美子さん、作品の原作は「サクラ大戦」の広井王子さんという豪華コラボレー卜。
暴力や性的な描写の少ない萌え系は、あらゆる年齢・性別の人に受け入れやすいため、機種のモチーフとしてはハズレが少なく、しかもそれが豪華な原作とくれば期待が持てるところです。

さらに8位には西陣の『CRキャッツアイ』が登場。「キャッツアイ」(というかNSP作品)といえばサミーのイメージが強いのですが、西陣から登場とはビックリです。
アニメをイメージした2D系の演出と、パチンコ用に作られた3Dによる演出が混在していますが、このうち3D部分については賛否両論あるようです・・・。が、この機種の巨大役物の動きにはビックリすること請け合いでインパクトは大きいでしょう。スペックもかなり挑戦的な確率が準備されているので個人的には楽しみです。

9位の『CR桃太郎侍』は平和通常枠仕様で登場。「ひとぉ〜つ、人の世の・・・」という決め台詞は有名も有名な高橋英樹さんの当たり役! 今年リメイク版はテレ朝でやってましたが、小さいころの記憶では日テレ系で放送してましたよね。なんて細かなトリビアはおいておいて、カタログのうたい文句「キレ味、痛快!」でも分かる通り、とにかく「斬れ」たら激アツのわかりやすい仕様と、馴染みやすいキャラクターで安心して楽しめます。実写リーチはカッコいいですよん。
V1 CRぱちんこウルトラマン(京楽)

CRぱちんこウルトラマン(京楽)

この機種ページを見る この機種のクチコミを見る
攻略ポイント リーチ
CRゴジラ(ニューギン)

CRゴジラ(ニューギン)

この機種ページを見る この機種のクチコミを見る
攻略ポイント リーチ
CR清流物語(三洋物産)

CR清流物語(三洋物産)

この機種ページを見る この機種のクチコミを見る
攻略ポイント リーチ
CR燃える闘魂アントニオ猪木®(平和)

CR燃える闘魂アントニオ猪木®(平和)

この機種ページを見る この機種のクチコミを見る
攻略ポイント リーチ
CRフィーバー キャプテンハーロック(SANKYO)

CRフィーバー キャプテンハーロック(SANKYO)

この機種ページを見る この機種のクチコミを見る
攻略ポイント リーチ
CRGメン75(大一商会)

CRGメン75(大一商会)

この機種ページを見る この機種のクチコミを見る
攻略ポイント リーチ
CR機動新撰組 萌えよ剣(タイヨーエレック)

CR機動新撰組 萌えよ剣(タイヨーエレック)

この機種ページを見る この機種のクチコミを見る
攻略ポイント リーチ
CRキャッツアイ(西陣)

CRキャッツアイ(西陣)

この機種ページを見る この機種のクチコミを見る
攻略ポイント リーチ
CR桃太郎侍(平和)

CR桃太郎侍(平和)

この機種ページを見る この機種のクチコミを見る
攻略ポイント リーチ
CR暴れん坊将軍2(藤商事)

CR暴れん坊将軍2(藤商事)

この機種ページを見る この機種のクチコミを見る
攻略ポイント リーチ
CRぱちんこ華王・美空ひばり(京楽)

CRぱちんこ華王・美空ひばり(京楽)

この機種ページを見る この機種のクチコミを見る
攻略ポイント リーチ

前週 次週
パチンコ週間人気ランキング パチスロ週間人気ランキング





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る