> > 値段は情報よ!
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

値段は情報よ!
2007/10/16

「亀田のあられ」を食べながら、亀田親子のニュースを見ていたわけですが、福田総理大臣までコメントを出すほどに、日本中が注目しているのはスゴイですよね。それと猪木のコメントがサイコーです。一言「大毅は海外修行してこい!」と。メキシコあたりにいって、マスクマンで帰ってきたら面白いのになぁ?異種格闘技戦とかどうなんでしょうか?和田アキ子のコメント通り、オトウサンから離れるっていうのも大事なのでしょうね。あっ、オチ、ありませんので。

さて本題に。ニューギンのアンルイスですけども、お店で絶好調っすね。(中畑清風)しかも、先日「再販する」って事になったら、あっという間に完売っす。

これ、実はピンとこないかも知れませんが、ヒットしている機種はどこのお店も欲しい。でも、メーカーは在庫を残したくないので、最初から限定発売するもんですから「すぐに欲しい」といってもないものはない。ここまでは他の業界と一緒です。

問題はここからで、じゃあ中古機で買おう!って事になると、人気のある機種というのは希少価値がありますから、新台で買うよりも中古機の方が高い値段をつけることがあるのです。過去の話しをすれば、新台の価格よりも3倍の値段で動く事も!

ここもポイントですが、お店が「どうしてそんな値段で買うの?」といえば、お店は機械を設置して遊んでもらって、ナンボの世界。工場でいえば「稼動のある機械=人気台」を数多く並べれば、それだけ売上も上がるというもので。凄く当たり前の話ですけれども、だから新台の何倍も値段が上がっても買う需要があるというわけです。

もっとも「じゃあ、新台で最初に買っておけば…?」という話しにもなるのですが、お店に設置されてから人気が出るのか?出ないのか?というのは読めないものでして。だから、今回も再販となれば、中古価格よりも新台の価格の方が安いって事になれば、みんな買う…という形になるわけです。これがパチンコやパチスロが「営業機」と呼ばれるゆえんなんですけどね。

…うんちく言いましてすいません。小ネタではありますが、今日はそんな所で。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・シーマン、シーマン…ライダーマン!
(解説)
*ゲームのシーマン2、今度は北京原人らしいけど、ライダーマンは何故?口が隠れていないんだろう?と悩んだ1日でございました。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る