> > 経緯はしっかりと
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

経緯はしっかりと
2007/11/16

何だか大相撲の「九州場所大赤字危機」とか「奥菜恵 元夫・藤田氏に10億円の財産分与を要求」とか、物騒なニュースをキャッチしたワケですが、今日も「エリカ」様のネタをキャッチ!これがトップニュースどすえ。

何でも「07年度 女が選ぶ嫌いな女ワースト10」で、圏外からのジャンプアップ堂々の第1位!これは、2位の細木数子・3位の和田アキ子を抑えての1位だからスゴイ!しかも特技が「早泣き」というのもスゴイ!さすが、エリカ様ですな。まあ、まだまだエリカといえば、小生にとってはアジャコング(宍戸エリカ)が女性最強ですが…笑)

さて”エリカネタ”を良く使うチャーリーが本題へ。今日は嗜好を少し変えて、機械の話しを中心に一つ…。

実は、パチンコやパチスロ機は「特許」の塊と言っても良いほどに、数多くの実用新案で固められております。そこに業界独特の「参入障壁」的な部分も散見されるわけですが、訴訟合戦も非常に大きいものがあるわけでして…。

もともと遊技機は風適法に定められた「遊技機規則」に基づいて作られる営業機。じゃあ、この遊技機規則…誰が作っているの?って話しになるわけですが、これまたパチンコメーカーやパチスロメーカーの団体の中にある「技術委員会」という所で議論され制定されるわけです。

もう少し簡単に言えば、パチンコでもパチスロでも規則の範囲を超えなければ…?というのが前提ですが、1回の大当たりで7千発の機械も作れるわけなのです。でも、そんな機種が今は世の中に出てこないのは何故か?それは、遊技機規則の範囲内で、メーカー組合が独自に「内規」を策定しているから。これは時代に合わせた、社会情勢なども考慮されているわけなんですよね。5回リミッター機とか、戻しが4個から3個でもOKとか…っていうものですよ。

ミソはここから…。パチスロは4号機が「行き過ぎた射幸心を抑える」という事もあり、登場したのが「不正機撲滅」をも目的として定められたのが5号機の規則。これは、パチンコとの「バランス」も当然考慮された部分でもありました。そしてここは「内規」の変更ではなく、遊技機規則そのものが変わり、10年に1度か2度の大きな改正、という事になったわけなのです。

クドクドと現在までの経緯と背景なんかについて書きましたが、結局、5W2Hじゃありませんが、パチンコやパチスロの射幸性…「誰が、何を、いつ、どこで、どのように…」決められているのか?というのをヒモ解くと「世の中はどうなっているのよ?」「業界はどんな影響を与えているのよ?」「それによって、人々はどんな生活になっているのよ?」というのが大きく影響しているわけなんですよね。

少し残念な事を書きますが、4号機時代に「裏モノ」や不正機問題が出て5号機となった…という背景もあるのに、5号機時代の現在でも「裏モノ」が出回っているのも事実。だから…というわけではないですが、規則や基準が緩和されるどころか、現段階ではますます「規制強化」となる要素は非常に多いわけです。

とりわけ「射幸性」という面においては、さらに厳しく??というシナリオだって、ないわけではないという事です。大衆娯楽・時間消費・庶民のギャンブルと、パチンコやパチスロのキャッチフレーズは過去にも多く出てきたわけですが、業界全体ももっと自浄作用を働かせようと、今、必死に活動しています。

そんなこんながありますので、打ち手の皆さんのご協力も必要になってくるわけです。是非是非、そんな部分もアピールしていきたいなぁ?と、そろそろ朝の6時になるのに、そんな妄想しております。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・エリカ様、バレーボールも、旬ですね
(解説)
*全日本女子バレーボールのセンターの荒木エリカさんも、大活躍のようですな。芸能界や格闘界のみならず、スポーツ界も「エリカ」ブームが到来!といった所でしょうか?今度はどの業界で「エリカ」ブームがやってくるのでしょうかね?注目っす!




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る