> > 偶数?奇数?
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

偶数?奇数?
2007/11/27

ほほぉ〜、今日は「何故、坊主=反省」なのか?というニュースが入ってきた!

何でも、「髪を切る行為は、昔、中国の刑罰のひとつだったことが中国の『漢書・刑法志』に書かれています。東洋では、髪に刃物を当てることがタブー視されていたり儒教的な影響などから、親からもらった体を傷つけるのは不孝ということで罪を犯した印を表すために行われていたのでしょう」(『断髪―近代東アジアの文化衝突』著者・畠山香織さん)

だそうでして…。でも、ことわざで『頭剃るより心を剃れ』って言いますから、見た目よりですね、気持ちが大事って事ですから。ちょうど小生も短髪にしたもんで、ちょっと感じる部分がありましたね。

さて本題に。5号機パチスロの話しですが、最近、バラエティーコーナーを充実させるお店が増えてきたように思います。以前にも書きましたが、このバラエティーコーナー、仮に「15台」くらいの島の全てをバラエティーにするならば「1機種何台」程度設置するか?という事なのですが、大体、今では1台から2台というのがバラエティー…という事になるのでしょう。

ただ、不思議なもので、1台・2台はOKだけど、3台となると「間の1台」には座らない。でも、15台を5機種3台づつ設置する場合に、互い違いに並べるとこれまた効果が異なるものです。

偶数の方が空き台が少ない!という人もいますが、奇数でもやり方や顧客の動線・回遊性によっては効果が高くなる方法もあるというものです。人間の心理というのは不思議なものです。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・短髪に、切ったその日は、単発で…。
(解説)
*当っただけでも幸せですよ。パトラッシュで…負けすぎです。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る