> > 良く考えようよ!
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

良く考えようよ!
2007/12/11

以前から流れはあったけど、今はホントに本が売れない時代なんですね。2007年の雑誌の販売ランキングが出ていたけど、1位の少年ジャンプが約277万部、2位の少年マガジンが約187万部って事で、ジャンプは全盛期の3分の1、マガジンは半分らしいそうな。どんどん雑誌離れが進むから、マンガの単価が上がるのよね。で、週刊マンガを買わなくなるって事で。

今のパチンコやパチスロで使われている版権は雑誌全盛??だった時のものがメインだったからね。最近は少し変わってきたけど。もっと将来を考えたら、版権ビジネスの市場マーケットもどうなる事か?と。人気コンテンツだけが高騰していくわけで…。ロングテールなんて言葉が出る程に、ニッチな商品やコンテンツなど、個性化がさらに進むのではないでしょうか?大量生産・大量消費の時代は、無形物でも終わっているんですよね。

さて本題に。既にパチンコもパチスロも年末モードですが、新機種発表は既に年明けの動きが活発化しております。どうやらメーカーの開発状況などの噂を聞く限りでは、今年の変わらないスピードで新機種発表も続いていく模様です。

しかし、しかし…一方では、毎週毎週、パチンコ店舗の倒産ニュースなどが真面目に入ってきます。「えっ?あの会社が?」と思うお店も。4号機から5号機になって、売上が激減した事が主な理由となっていますが、一方で高騰する「機械代」も大きな負担になっているわけです。

そろそろ、このあたりを良く考えて欲しいなぁ、と個人的には思うわけですよ。このままでは、ファンが離れ、さらにお店やメーカーだって苦しくなるわけですから。作る・売るメーカーも、その機械を買って・使って営業するお店も、もう少し将来を見よう!って事にならないものかな?と。

ちょうど雑誌の売れ行きのニュースが入ってきたので、そんな事を考えてみました。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・朝青龍、柔道転向?そりゃ自己流…。
(解説)
*…すいません。東スポの一面を見て一句書いてみました。…ん、最近めっきりキレがありません!人生にもキレが…うう、頑張ります!(笑)




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る