> > 難しい問題っすよ。
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

難しい問題っすよ。
2007/12/14

年末年始…何だか街も騒がしくなってきましたね。そんな中「大仁田氏がミートホープ再生を支援」というニュースが飛び込んできた!と思っていたのもつかの間、スグに「金券ショップに年賀状が大量に集まっている」という噂が流れているとの報を受ける。

うーん、年賀状のノルマ…相当キツイみたいっすね。1人で5,000枚〜12,000枚くらいを売らなきゃいけないとか、何とか…??確かに年賀状を出す人も少なくなってきたのかな?と思うわけですが、最近の世相を反映しているのでしょうか?

さて本題に。今日はとても寒い1日でありました。とある人と約束をして、新機種を試打するために東上野に行きまして、そこからお客様であるお店へと直行したわけです。

今日の話題の中心は再び「新機種入替」の話し。以前も同じ事を書いた記憶がありますが、何だかどこのメーカーさんも「展示会で発表(試打)→2,3日中には契約」みたいな流れになっているみたいでして。

ご存知の通り、パチンコ機なら今は30万以上、パチスロも定価なら35万以上が当たり前のようになっている昨今、10台・20台・30台と買うとなると、1千万円近くの金額になるわけです。当然、色々とお店も資金繰りなどがあるわけでして、即決するにも「稟議」形式があり、書類をしっかり回さなきゃいけない法人もあるはず。

しかも、やはり機械なので打たなきゃ決められない!というのは至極当然で…。だから、このような政策を取るメーカーさんも、恐らく「そのような購入をしているお店がたくさんある」という仮説しか思い浮かばず…若干、現実離れしているんではないかな?と、いつも温度差を感じるわけです。

今はどこのお店も厳しい状況ですから、以前よりは慎重になっていると思うんですけどね。毎月の投資が大きいですから、当然の流れでありますが、果たしてこの終局はどこへ行ってしまうのでしょう?…寒すぎて、そんな妄想をしてしまいました。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・師走にて、パトラッシュ打ち、シワ増やす!
(解説)
*くそー、パトラッシュめ!中々当らないぞ!ヒキが弱すぎなのだが、極めて…極めてキツイ!…もう心が折れたので、ダイナマイトキングに転向します。(笑)




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る