> > クリエイティブなお仕事
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

クリエイティブなお仕事
2008/02/19

新日プロレスの永田裕志、良かったね。何でもなくて。脳梗塞の疑いがあるって事だけど、あれだけ激しいリングだから、打撃系はやっぱり危険なんだなぁ、と改めて感じた次第です。

やはりハッスルのようなエンターテインメント路線が今後は受けるのでしょうかね?いや、格闘技はガチンコでないと…ですね。

さて本題に。今日は開発関連のお仕事をしている業界関係者の方と会いました。以前から「短納期」で質を求められている仕事なのに、最近はさらに拍車がかかった、とお話しておりました。

また、メーカーさんも、広く画像処理関係の仕事をしている企業を常に探している状態のようでして。やはり…といっては語弊がありますが、これだけの新機種発表のスピードなら、内製化の比率も少なくなってくるはずです。

その意味では、作り手として「作りこみたい」「時間をかけたい」という思いは強く、そことビジネスとを両立させる…相反するような部分が難しい、と。うーん、クリエイティブな業務はホントに大変ですよね。

今後はこの開発競争が明暗を分けるはず。「良いものを必ず出し続けるか?」「ある程度の機種をたくさん出していくか?」…どちらもお店には必要なところですから。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・郷ひろみ、隣で何度も、歌ってる…
(解説)
*今日はホームのお店で郷ひろみが導入されたので早速勝負する事に。両隣はバンバン出してて…オイラだけはドンの詰まり。ん〜、パチを打ちながら郷ひろみの笑い声が幻聴のように聞こえてきましたよ。これは勝つまでやらないと!




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る