> > やはり見切りが早い?
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

やはり見切りが早い?
2008/03/11

ホントに笑えなくなってきましたよね?小麦の値上げ…。真面目に色んなものが値上げになって、物価高は止まらないのに、賃金もそんなに上がらず…。ん〜、20代で貯金する人が増えているのも理由がわかりますよ。将来、不安にもなりますよね?まじめに。

さて本題に。今日はホームのパチスロ専門店を覗いてみました。勝負したのは、新・吉宗。ん〜、吉宗、中々面白い!そんな感じで打ちながら、お店の中をウォッチしていたわけです。

一番は、離席率…というか、人の流れが早いというか、見切りが早いというか。よーく観察してみると、2千円か3千円入れて感触を掴んで…という打ち方でしょうかね?

それと即ヤメっていうんですかね?RTなどが終了すると、あまりコインがたまっていなくてもジェットに流して、それで新しい台を探すという感じでして。

以前から、こういう傾向はありましたけれども、今日は物凄く目立つというか、印象的でしたね。入ったばかりの新機種でもそんな動きですから。偶然なのかも知れませんが、非常に勝負にシビアになってきたのかも知れません。お店もどうやって機械の魅力を引き出していくか?まだまだ課題は多いなぁ、と感じた次第です。

意見待つ!

【今日のチャーリー独り言】
・ジイサマよ、元気を少し、分けてくれ!
(解説)
*元気だよね、ジイサマ。ん〜、やはりその〜、何事にも元気が必要だよね。うん。パチスロ打ちながら考え込むテーマじゃないんですけどね。最近は、年を取ったと感じることが多くなりました。ハァ〜。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る