> > ブランドイメージは大事?(…と思う)
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

ブランドイメージは大事?(…と思う)
2008/03/14

今日は広末涼子の離婚ニュースもビックリなんですが、川口市の校長先生が何故、若い子に狂ってしまったのか?不思議ですね。校長先生という立場を考えると、ちょっと「恥ずかしい」みたいな気持ちもあるんじゃないかなぁ?なんて(笑)。何が起きてもビックリしない時代になったような感じがします。

さて本題に。今日は、広告・宣伝関係に精通しているエージェントの方と会いまして、歓談致しました。最近では、パチンコのテレビCMがトレンドになってきており、ボリュームこそ差が出てくるものの、色んな意味でテレビCMなどの「新たな媒体」が注目されております。

そんな是非について論じるつもりはないのですが、何と言うんですかねぇ?機種だけでなく、メーカーさんのブランドイメージっていうか、「俺達も頑張っているんだぜ!」的な告知もしてもいいのではないかな?と。

とにかく「儲かっている」とか「羽振りが良い」みたいな目線で考えられるのは本意ではないのでは?何て考えるわけです。メーカーさんも実は地味に開発などを行っている側面があって、もっと注目されてもいいのではないかな?と。

そんな風にブランドイメージアップに、テレビCMとか上手に絡められたら…みたいな感じがあります。近い将来、きっとそんな方向性になるのかな?と思っております。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・春なのに、お別れですか♪、諭吉くん!
(解説)
柏原芳恵の歌を思い出してしまいました。今日も、待ち合わせまでの時間に歌舞伎ソード(甘デジ)で勝負に。甘デジなのに、早いなーみたいな。いつか、花開くような幸運に恵まれるのでしょうか…。春は複雑な季節だなぁ。(ボヤキ…)




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る