> > 機種比率に変化?
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

機種比率に変化?
2008/03/18

今日は確定申告の日でした…仕事の関係で朝一番に出しにいかなければならなかったのですが、いきなり50人待ち!げーっ、て感じでしたが、意外に早く処理してくれて良かったです。最終日だから仕方ないのでしょうけども…。

さて本題に。今日は春のワルツが導入された日だったのに、お店の前を通過するくらいしか時間がなくて、その後はこもって調べ物や資料作りをしておりました。

パチスロの機種構成…特にタイプ別に分類して、稼働なんかもどんなものだろうなぁ?と。大きく「高獲得枚数タイプ」と「RT」「ART」「ノーマル」「30パイ」くらいに分けて見たんですけど。

大体、機種構成的には30パイを除き、均等に近い感じでしょうか?バランスという意味では5号機ですから、玉粗利は一緒なので、差枚数が見せられる分、長時間打つならART、短時間ならノーマル??なのかも知れません。(笑)

今年の9月頃から、解釈基準緩和により、出玉性能などは変わりませんが、ゲーム性が変わっていきそうなので、今の設置されている機種からマイナーチェンジが図られていくのでしょう。

そうすると、今年の年末までにパチスロにかかる入替費用…うーん、お店は大変になるかも??と、ちょっと危惧するところです。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・曇るのは、眼鏡の花粉と、台選び…
(解説)
*今日は花粉がキツかったです。薬を飲んでいても、目がかゆくて痛くてたまりません。何だか毎年症状が違うから、この季節はツライです。ん〜、何とかならないものか?と…。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る