業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

基本だね
2008/03/26

日本で作られている町工場の砲丸が五輪の表彰台を独占している!っていう話題から。何でも、重心の正確さというものが求められているようで、その技術は非常に卓越したものらしい!まだまだ日本の技術も捨てたものじゃないですよね。

さて本題に。今日は、午前中より某パチスロメーカー社長とお話する機会がありました。いやいや、非常に勉強になりました。パチスロメーカーは現在、群雄割拠の状況で開発スピードも早くなり、お店もファンもメーカーブランドに依存する事なく“機種そのもの”の良し悪しで支持が変化している、と。その動きを捉えて、バリエーションのある機種のラインアップを企図したい、との話でした。

ちょっと言えないオフレコの部分もありますが、一度市場に機種が出てしまえば、開発の背景や意図はさておき答えが数字で出てしまうものでして、それを受け止めて次の機種に…あるいはその後の機種の開発に生かす事ができるか?というのが、大事だ、という事でした。

ちょっと閉塞感の見えるパチスロ市場ですが、こういう時こそ基本に忠実に…という事なのでしょう。本物だけが残る…うーん、心に響いた言葉でしたね。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・ジャグラーの、ペカリランプが、眩しいっす!
(解説)
*…ダメだ!このままでは這い上がれない…。今月のジャグラー成績は絶不調。全然、ペカってくれません!台をコロコロ移動するからいけないのかな?バケばっかりだし…。それでも早くジャンキーが打ちたいです!




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る