> > 「伝え方」がさらに変化する??
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

「伝え方」がさらに変化する??
2008/06/25

鳥居みゆきが「ホラー映画が苦手」というのには驚きました。バッティングセンターでバントしてたクチでしたからね、オレ。

さて本題に。つい先日も書きましたが、今月に入ってから入替自粛ということもあって各店舗でのイベントが活発化してきました。「もう少し、出玉に還元してくれてもいいんじゃない??」という声もありますが、実際はイベントにコストをかける傾向にあるようです。

その影響もあってか?ここの部分も「やりすぎ=無償景品等」についてはかなり厳しくチェックされている、という話も聞きました。景表法が存在するように、もちろん法令順守は言うまでもないですが、イベントの「在り方」についてのガイドラインというものはなく、非常に企画を立てる段階としては難しいみたいです。

このままいくと、折込チラシのマーケットまで規制が強化??という事もあるのでは?と某店長さんも危惧しておりました。近年はアルバイトの募集に携帯電話を利用するケースが増えていることもあり、今後はお店情報もWEBサイトやモバイルサイトにシフトしていくのでしょうが、実際のところ「お店の状態」をどのように「正しく、早く」伝える事ができるか?が、大きな課題となるようです。

パチンコ台のように、お店の状態も「モード移行」させるべきですかね?? ポスターの色を「青→黄→赤」と変化させていくとか(笑)。小当たり率が高くて、状態をスルーばかりするのではダメダメですが(笑)。

意見待つ!
【今日のチャーリー、独り言】
・モード移行、ミニョンもスルー…、台移動!
(解説)
*昨日、実写系リーチを1回も見れなかったので、今日も冬ソナ2でいざ勝負!1万使って「ミニョン」モードは1回ですよ、1回!…相性悪いのは、冬ソナ2でも同じです。変わってないですよ…。





次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る