> > パチンコのMAXタイプは?
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

パチンコのMAXタイプは?
2008/07/31

イチローが3000本安打を打ちましたね〜。おめでとうございます。いやいや、めでたい、めでたい。世界で活躍する日本人は凄いですよね。パチンコも世界標準になればいいんだけど(笑)。

さて本題に。今日は暑かったです。で、某ホールのオーナーから電話がありまして、こんな話題になりました。

「今、パチンコのMAXタイプのシェアが増えているけど、実際はどうなの?」という質問。
ええ、確かにMAXタイプと呼ばれる機種(内規により、大当たり確率400分の1以下となっているパチンコ機で、その確率に近いタイプを呼んでいます)が増えています。リリースされる新機種に多いわけですが、確かに「新台」というカテゴリで見ると、2週間程度は稼働は堅調ですね。でも、1年近く寿命のある機種というと数機種しかないでしょう。

それとMAXタイプはリターンも大きいですが、ハマりも大きい。当然、都市型のお店か?地方のお店か?にもよりますし、射幸性を好む地域のお店とそうでないお店によっても異なります。つまり「機械の性能を活かせるお店」の条件というものは、機械以外にあるものでして。一概に「良い?悪い?」は判断できないと思いますね。

ただ、甘デジタイプでもデジパチタイプでも、現在ではほとんど「玉粗利(一玉あたりの粗利額)」に差がないという点は、是非、言いたいところではあります。つまりプレイヤー目線での射幸性という面でいうと、投資額に応じたリターンがそれぞれにあって、それ以上でもそれ以下でもない、ってところなんでしょうね。

機種によって「値段」がついているわけではないので、打ち手の特性によって考えるべきところではないのでしょうか?

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・じゃぶじゃぶを、見つけて思わず、5千円!
(解説)
*いやいや、『CRじゃぶじゃぶビート』を見つけてしまいましたよ。知らないお店だったのですが、5千円も使ってしまいましたね。ゲーム性を思い出せないまま終わってしまい、ちょっと悲しいです。最近、記憶力が乏しくていけません(笑)。





次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る