> > 慶次打つのは冷や冷やですよ
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

慶次打つのは冷や冷やですよ
2008/08/21

このニュースは「なにー!」でしたね。「オヤジ狩りしたら相手が苦しそう 少年慌てて119番」ですって。しかし、住みにくい国になりましたよね。日本は。オヤジ狩りは未だに健在なのはちょっと怖い気もしますが…。

さて本題に。今日はセミナーに参加して、その後、クライアント先へと移動。そして帰りにパチを打とうと久し振りに準ホームのパチ店へと駆け込みました。

大夏祭りを打ちたかったんですが、満席。その他、小林幸子やデビルモンスターズも満席で、打ちたい台がないなぁ〜と思っていたら…おっと、慶次が1台空いているじゃありませんか。

ここは3円交換のお店なので、ボーダー20回転くらい回れば勝負かな?と思っていたところ、22回も回りまして。大当たり出玉を削っているんでしょうけどね。わかりやすい調整方法でした。

で、勝負をしていたわけですが、まあ、一本木大将の真田くん!ダメじゃないですか〜、よく出てくれるのはいいけども、当たる気配すらありませんよ。伊達も良く発展するんですけどね〜。カットインの「好機」も全然好機じゃありませんよ。それじゃ城門に辿り着く前に、オイラの徳俵(お金)が底をつきますって。

まあ、結果は、2万3千円突っ込んで、2万4千円の換金。千円とたばこ&創建美茶2本という戦果だったので良かったです。無理やりですが、まとめるとですね、この機種を千円で当てて10万勝つのは大変だなぁ〜と(笑)。出玉スピードでいえば、格段にパトラッシュ2の方が上位ですしね。最近見直しているのが、寿司屋の源さんですよ。これも結構、早い。短時間勝負のプレイヤーもいっぱいいると思うので、こういう機種もどんどん投入してもらいたいものです。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・飛加藤、出現するたび、悲しいです…
(解説)
*これが良く出てくるわけですよ、飛加藤が。なぜか、出てくるだけで悲しくなるんですよね。小生だけでしょうか??




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る