> > なくなったら「どうする??」
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

なくなったら「どうする??」
2008/10/21

先週から今週にかけて、野球の話題が大変多いですね。そんな中、あの週刊プレイボーイが休刊を考えている??などというショッキングなニュースを発見! うーん、出版業界も構造不況というのは聞いていましたけれども、プレイボーイがなくなるのは…かなり悲しいです!

さて本題に。今日は数メーカーの展示会に行った後、某業界関係者と打ち合わせ。色々な情報交換の後、ふとしたことから「このまま行ったらパチンコもパチスロも世の中からなくなっちゃうかも知れないねぇ? チャーリーさん、どうするよ?」と。

「えー、どうするもこうするも…」といった感じでしたが、よく考えれば全くゼロという話でもなく、考えもしなかった質問がショッキングでした。ええ、きっと生きているとは思いますが、それ以上のことはやっぱり考えられず…。

むしろ、こういう時期だからどうあるべきか?って考えた方が前向きだなぁ、と。メーカーもお店も淘汰されてくるのは間違いありませんが、最後は本当に強いメーカー、強いお店が残るはず。それは企業の規模とかではなく、お客様のニーズを掴んだところが残る…まあ、原理原則ですが、それしかないと思うんですよね…。

正直なところを言うと、逃げたくなる時もありますが、実際は目の前の問題をやっつけるしかないと思うんですよね。だから、あんまり先の事は考えられないんですよ…トホホ。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・ゆうこりん、カレンダーは、セクシーね!
(解説)
*今日、ゆうこりんのカレンダーを街で発見しました。アバンギャルドで見るゆうこりんよりもセクシーカット満載でしたなぁ。何だかそれだけで幸せを感じる…、ええ、小生、小さい男です。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る