> > 「交換率」は生命線
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

「交換率」は生命線
2008/11/17

オグシオ…優勝して良かったですね。おっと、加護ちゃんの「難病のメニエール病であることを告白」というニュースも衝撃的ですよ。何だか11月は「そわそわ」してしまう月ですよね。今年は早くお休みもやってくるカレンダーなので、これから12月までは一気に忙しくなりそうです。

さて本題に。今週末に、某クライアント先の「来年度の戦略方針」なる資料を色々と作成しておりました。立場上、どうしても「楽観的予測」というよりは「最悪を想定して、手を色々と考える」癖がありまして、悲観的になりがちなものになって、ちょっと反省しておりますが…何せ、良い材料がないのが現実であります。

まあ、パチンコ店の「生命線」ともいうべきものが「交換率」でありまして、ここを変更すると、劇的に「良くも悪くも触れる」事が多いです。1円パチンコなどもこれに属するわけですが、パチンコなどは等価に近くなればなるほど、調整面での少しの「誤差」が命取りとなりますので、非常に慎重にならざるを得ないですよね?

立地や客層、新台の行方、等々、あまりに不測事象が多いだけに判断が難しい所です。それでもお店の「格差」はさらに広がると思うので、勝ち組の条件を整理していきながら、お店に色をつけていくしかないんですけどね。ええ、策といっても限定された手法しか残っていないので、成功確率を上げるために、二の手・三の手まで考えておけば良い、という事なんですが…?お店も「生モノ」なので、なかなかうまくいかないのが現実なんですけどね。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・スリーセブン、揃ったあの日は、どこへやら…
(解説)
*今日は、ボーっとパチンコを打っていたのですが「そういえば、パチンコで777が最初から揃ったのって、いつだったかな?」と考えてしまいました。大体、777のリーチもテンパイになりませんしね。機械的に昇格する時に表示されるようになったのでしょうか?ウルトラセブンでは良く777が揃うから好きなんですけど…。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る