> > 必要に迫られている新たなビジネスモデル
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

必要に迫られている新たなビジネスモデル
2009/01/23

すげー、すげーなー朝青龍! 12連勝ですか。このまま優勝してしまいそうな勢いですな。50歳くらいまで続けて欲しいんですけど…(まあ、それは無理としても…)オイラなんか、パチンコの最高連勝は5連勝ですからね。情けないったらありゃしない。収支で30連勝できたら、皆さんに報告します!(永遠に無理っぽいですが…)

さて本題に。今日は非常に寒かったですね。ここのところ新機種発表会ラッシュでして、今日もグルリとまわった後にクライアント先の営業会議に出席。色々な意見交換をしてきました。

気になる話題といえば、パチンコのビジネスモデルの話に。昔からパチンコ業界というのは社会的にもあまり良いイメージが定着しておらず、「儲け過ぎ」とか揶揄されることが多かったのですが、既にその時代のモデルは崩壊し、いよいよ新しいビジネスモデルを構築していかねばならなくなった、と。

よく考えれば、他の産業においても「企業30周年説」という言葉があるとおり、一つの事業の市場サイクルは30年で衰退期に突入するわけで、新たなビジネスモデルを創り出すことが重要になるというわけです。

そのクライアント先でも、パチンコビジネスをベースに懸命に事業継続を模索しながらも、全く違う基軸の新事業を平行して育てていこう!という戦略目標を定めた次第です。

まあ、この話を受けて個人的には「人間も同じだなぁ」と感じまして、やはり一つの専門だけではなく、専門的なものを持ちながら多様な能力を開発していく「一専多能」主義というのが今後は台頭してくるのかな?と。スペシャリスト性をさらに磨きつつ新しいものも探究していかねば必要とされないなぁ、とつくづく感じてしまいました。パチンコ業界もきっと、新しいビジネスモデルが出てくると思いますね。楽しみです。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・ケンシロウ、3つ数えて、お亡くなり…
(解説)
*ええ、宣言通り今日は「ケンシロウ」で少しだけ勝負しましたよ。前にも書きましたけど、サウザーには勝てませんなぁ。3つ数えて悶絶したのは…オイラでした…。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る