> > ゲームとしてのパチンコ
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

ゲームとしてのパチンコ
2009/01/28

これはナイジェリアで凄いことが! 「容疑者はヤギに変身した」と報道…ですって。何でも、犯人が突然ヤギになっちゃった!とかで…。事実であればこのニュースは凄い! 黒魔術などが信じられている地域というから、可能性は否定できませんが、果たして??

さて本題に。いきなりですが、皆さんは「1円パチンコ」って好きですか? どれくらいの人が「やったこと」がありますかねぇ? というのも、今日はこの1円パチンコについて色々と話をしていたものですから…。

1円パチンコを0.6円前後で交換するというのが一般的なのですが、否定派は「たるい」「ギャンブルじゃない」という声が多数いらっしゃいました。肯定派は「投資が少なくて済む」「遊べる」といった声が多く、4倍の玉が出てきますから、ボリュームも多いわけで、まあ、ゲーム全般を楽しむという感じなのでしょうね。

話をまとめると、4円貸し玉のパチンコと比較し、よりゲームに近い感覚なんでしょうね。決して釘が甘いとか、そういうことはないですから…。演出も頻繁に見れるというものではなく、あくまで「投資がかからない」という点にメリットを感じているのかも知れません。今後、まだまだ1円パチンコって増えていくと思いますが、正直なところうまくいっていない地域もあるとか…。それはそれで地域の特性みたいなのがあると思いますから、十分に考えて業態を決めてもらいたいものですね。小生も2回しか打ったことがないので、今度、じっくりと打ちに行ってみたいものです。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・金さんを、まじめに打つと、恥ずかしい…
(解説)
*今日は『金さん』を打ってみました。真剣に打っていると、突然センサーマークが出てきて…バッタバッタと手を振ってみたものの…あれって結構、恥ずかしさがありますよね(笑)。ここで恥ずかしがっちゃいけない!と思いましたが、周りを見てしまいましたよ。小心者です…。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る