> > 納得のいかない演出
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

納得のいかない演出
2009/02/13

今日もパチンコの「回らない」話を随分と語り合っておりました。お店が悪いのか?世の中の流れが悪いのか?…アタッカー周りで玉を削り、確変ベースを落とす…。もう、当たっても勝ってもついていけそうにない今日この頃であります。

ということで本題に。今日はそんな話から、パチンコの演出の話をしておりました。その人曰く、「300分の1の大当たり確率ならば、ハズレの299回分のハズレ区間の演出…これが楽しくなければパチンコじゃない!」と。ほほぉ、面白い事言う人だなぁ、とじっくり聞いてみたところ、「最近のパチンコは疑似連続予告発生時に大当たりの期待が高まるが、それ以外の演出ではほぼ期待なし(但し、『北斗』等は除く…)。何でもかんでも演出を入れたりボタンを押させる演出でお茶を濁すのはパチンコではない」と。まあ、確かにそういった意見もありまする…。

もっと突っ込んで、じゃあどんな機種だといいの?と聞いて見ると「甘デジならまだ耐えられるが、MAXタイプともなるとハズレ演出のつまらなさが問題だと思う。『北斗』のように、あっさり大当たりしてもいいのに…」と。なるほど、『北斗』が素晴らしいってことのようでした。でも、ハズレ演出の「アツさ」や「期待感」というのは、確実にメーカー間格差がありますし、よく考えると「決まったメーカー」の新台しか打たなくなってきたように思いますしね。作り込みの差というのが、こういうところで出てくるのかなぁと感じた次第です。

でも、そんな称賛を浴びている『北斗』…とことん相性悪いんですよね。まあ、個人的には当たってナンボなんですけれども。いかがなものでしょうか?

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・チョコの前、13日は、金曜日…
(解説)
*いやー、明日は勝負すべきではないんでしょうね、13日の金曜日だから。「13ミリの金曜日」ってイベントやっていたお店があったんですけどね。その時はかなり美味しい思いが出来たんですけど…今は皆無ですわ。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る