> > 機械の良い所を魅せてくれ!
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

機械の良い所を魅せてくれ!
2009/02/20

あの「ヤマハブラザース」の星野勘太郎氏が、脳梗塞で倒れたとのニュースをキャッチ。うーん、大丈夫でしょうか?また、会場でビッシビシ言ってもらいたいのですが…頑張って欲しい。ハイ。

さて本題に。今日は某クライアント先で打ち合わせ後、やはり我慢ならずにパチンコで一勝負したわけです。今日は勝利しました!が、今日はそのパチンコの事で…。

機種名はあえて書きませんが、大当たりした後、確変に突入して数回連チャンしたのですけれども、アタッカー周辺の釘と確変ベース…キツイです。カットされるのが当たり前の調整となっているお店があまりに多くて残念でした。

結局、その機種の面白さというものも半減させているし、結果として機械の寿命も縮めているのではないか?と考えてしまいました。もう少し、調整の余地があっていいはず。もちろん、その分をスタートに回すという事なんでしょうけれども、こればかりは数年前と明らかに異なる部分。だから勝ったんですけども、楽しくなかった…これが本音ですね。

パチスロならば、もっとシビアな見方をするプレイヤーが多いですし、パチンコもいずれお客様が離れてしまうのではないかなぁ、と不安です。こういった部分も何とかならないものでしょうかね。予算達成とはいえ、さすがにこれでは厳しい…。

しばらくそのお店は行かないようにします…。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・アタッカー、空いているのに、寄りません…
(解説)
*久しぶりに、ビッチビチに逃がしている釘…見ましたよ。どんな打ち方しても無理…って思いましたね。どうやったっらここまでできるのか?と関心してしまったくらいです。さびしいですね…。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る