> > 『慶次〜斬』導入後の影響は?
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

『慶次〜斬』導入後の影響は?
2009/03/10

WBCですが、日本は残念ながら負けてしまいましたね。いやー、何だかんだ言いながらも、結果は気になってしまうわけですが。まあ、次に期待ですよ。

さて本題に。今日は業界関係者とパチンコの話をしておりました。今日から多くのホールに導入される『花の慶次〜斬』ですが、大量導入しているお店もたくさんあり、4月導入予定の『エヴァ』と並んでこの春の注目機種となっています。

問題は新台入替をした後の店内移動の話。マックスタイプなだけに、特に『北斗』の稼働ペースが気になるところ。その業界関係者の方も「甘デジも出てくるし、マックスタイプのトレンドも『慶次』に流れていくんじゃないかな?」と予測しておりました。

小生は『慶次』も『北斗』も「演出」や「完成度」という点では肩を並べるほど高いと評価をしているわけで、多少なりとも稼働に影響することはあれど、心配する程ではないのかなと。もしもかなりの数が移動してしまうというケースがあれば、それはベースの稼働そのものが弱くなっている…のではないかと思います。

これからは、SANKYOの『蒼穹のファフナー』や大一の『天才バカボン』、タイヨーエレックの『八代亜紀2』に藤商事の『宇宙戦艦ヤマト』が『エヴァ』導入前に納品されてくるので、その時点でもどのように動くのか注目したいところです。心配なのは…やはり釘調整でしょうか。GW前ということで荒っぽく使わないで欲しいなぁ、というのはファン目線での願いでもあります。GW明け頃に『慶次』は打つことができたらと、かなりのんびり構えている今日この頃であります。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・木人形、そうさ、アミバの言うとおり…
(解説)
*もー、北斗! 北斗北斗北斗! 当たりません! アミバの言うとおり、立派な木人形になってしまっております。ああ、合掌…。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る