> > 慶次〜斬、打ってきました
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

慶次〜斬、打ってきました
2009/03/24

藤原紀香と陣内が離婚ですか…松村も心配ですしね〜。暗いニュースばかりが続いているなかで、WBCは決勝に行けて良かったです。でも、これまたアメリカではあんまり盛り上がっていないとかで…。どうなんでしょうね。

さて本題に。今日は、ニューギンの『花の慶次〜斬』を打ってまいりました。台と対峙して感じたのは、遊技領域が広がっているように見えること。アクリル板なので光の使い方などが凄く改善されていて、バージョンアップの様相がすぐに判断できる完成度の高い機種だと思いました。

で、着座して勝負。199回で大当たり0回。まあ、こんなものでしょう。ボタン演出やセリフがバージョンアップしていて、通常時でも飽きがこないですし、ちょっと新しいリーチが見てみたいなぁと思い、千円を投下したところで、いきなり真・戦モードリーチに。そしたら、そのまま当たっちゃいまして!

これは凄い!と自画自賛しながら、大当たりラウンドを消化。で、その後にすぐ殿モード。転落です…。追い銭五千円までいれてやめました…ああ、無情っす。

で、感想としては、リーチバランスやストーリー性に安定感があって期待通りの出来というところでしょうか。アツい見所ともいえる予告時やリーチ時の演出も凄く良いと思いましたね。皆さんはどんな評価なんでしょう??

結局、その後は、ケンシロウに弄ばれて一万ストレート負け。ああ、やっぱりパチンコって難しい…。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・捨丸も、岩兵衛もまた、傾木者…
(解説)
*戦モードで、ちっとも活躍してくれないんだなぁ、この二人は。まあ、調子が悪かったって事でしょうかね・・・。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る