> > アクリル板は主流になるか?
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

アクリル板は主流になるか?
2009/05/22

プロ野球では交流戦が始まっておりますが、小生は予定通り、GW明けを狙ってパチンコばっかり打っているんですけども…ええ、釘調整はあまり変わりませんね。やっぱりお店選びが間違えているのかなぁ?と迷走している次第であります。

さて本題に。ニューギンの『デビルマン』や奥村の『笑ゥせぇるすまん』のように、アクリル板を採用したパチンコ機が少しずつ出てきました。もちろん、以前からアクリル板仕様のパチンコ機は数多くありましたが、液晶演出や可動役モノの動きと連動し、今では一つの「重要な演出の要素」となっています。

問題ではありませんが、意外に「玉のスピード」が落ちないので、調整次第では右に流れる事や、ヘソ調整で大きなスランプなども発生している点が悩みどころだそうです。やはり調整者としては、安定的な回転数を確保したいですからね。

まだまだ割高ですし、問題も山積みの模様ですが、アクリル板採用のパチンコ機は今後も登場してくると思います。個人的には、もっと進化した「演出」を見てみたいものです。

そうそう、最後に今日のパチンコ成績…魔界竜が2回ほど遊びにきたくらいで2万負けでございます。毎日『牙狼』打ってりゃ負けますよね。また『オークス』打ちに行きますよ(笑)。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・あと1000円…慶次打っても、回りません…
(解説)
*ヤケになり、1000円だけ『慶次』を打ったんですけども…7回しか回りませんでした。スランプもあるんでしょうけどね、ここまで締めきれるお店も「大したものだ」と逆に感心してしまいましたよ。うー、勝ちたい!




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る