> > メーカーは本当に「夢のある」製造業か??
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

メーカーは本当に「夢のある」製造業か??
2009/06/05

鼠先輩…引退ですか。「そんなにお金が儲かる業界じゃない」ということでしたから、まあ「ポ」だけで、良くここまで…という感じじゃないのでしょうかね? 第2の人生も頑張ってもらいたいものです。ええ、個人的に好きでしたよ!

さて本題に。6月に入りまして、上場しているパチンコ・パチスロ・周辺機器メーカーなどの決算が相次いで発表となっているようです。この決算書の数値を見る限りでは…優勝劣敗がついている感じで、かなり「どうなんだろうか?」と感じる次第です。あっ! 個別に色々上げると、各方面からクレームが出てきそうなので…ちょっと理解しづらいかも知れませんが、勘弁してくださいね。

で、一番気になるのは「経常利益率」の高さでしょうか? やっぱりメーカー…相当儲かっていますよね! だって、粗利率じゃないんですよ! 営業利益率でもないんです。「経常利益率」ですから! 他の製造業の追随を許さないほどに。ええ、もちろん販売台数が行けば…の前提ですけれども、これほどまでにパフォーマンスが高いとですね、スロメーカーに参入したいという気持ちも良くわかります。製造業の中でも「夢のある」製造業といえるのではないでしょうか?

しかしながら、当然ですが、開発コストもバカにならないので、ずっと機械が売れていないメーカーだと、コストを吸収するだけの利益って…ホントに残らないですよね。十分にハイリスク・ハイリターンな業種ということがわかります。

恐らく、上場していないメーカーの中にも…この開発コストが吸収できずに困っているメーカーもあるのではないでしょうか? 問題は「開発した機種のうち、何回に1回、ヒットがあればメーカーはやっていけるのか?」という所なのでしょう。10機種中、2機種でもヒットとなれば良いのか?20機種中に1機種ヒットでもOKというメーカーもあるかも知れません。コストのかけ方次第なんでしょうけどね。しかもヒットといっても…今のパチンコ市場ならば3万台売れれば恩の字で、パチスロならば5000台でヒット…という感じではないでしょうか? だから、1機種でも10万台とか、スロなら3万台とか売れちゃうと、かなり潤う?? という皮算用が成り立ちます(笑)

まあ、とにかく夢のある製造業ですが、リスクもそれなりに高い…という事で、それよりも何よりも「ファン」が増えないと、市場はどんどん縮小していってしまいますからね。根本の解決が今は重要だと思いますが、何せ景気も…ねぇ〜??

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・シャカRUSH、これでホントに、お釈迦様…
(解説)
*7000円しかないのに、『シャカRUSH』…打ってしまいました。最後の1000円を投入しようとした時…止めようかなぁ、って思ったんですが、やっぱり打ってしまいました。見事、お財布はお釈迦様状態です…ナム〜(笑)




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る