> > 入替時は「入替以外」の機種が大切ね♪
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

入替時は「入替以外」の機種が大切ね♪
2009/06/12

以前も聞かれたことがあるのですが、最近また「犬派ですか?猫派ですか?」と聞かれ、即座に小生は「猫派」と回答。あの「なつかない」「自由な」感じが好きなんですよね〜。虎も猫科ですしね(関係ないですが・笑)。

さて本題に。今日もクライアント先での定例営業会議。話題は色々上がりますが、やはりこの不況下で厳しい局面が続いております。日本全体が沈んでいるので、パチンコ業界だけが特別ではありませんが…。ムードも問題ですが、これで消費税上がったら?? ムードどころか、逆行して消費はますます低迷し、景気が悪くなるような気がしてなりませんが…。

おっと、話を戻して本当に本題に。ちょっと暗い話題ばかりだったのですが、新台入替時の「出玉の出し方」について議論しました。昨日もちょこっと書きましたが、数年前は「入替時=出玉出す!」という構図…なにもお客様とお店の約束事ではありませんが、お客様はそれを期待し、お店もその期待に応えていた…そう思います。

しかしながら、最近は…うーん、新台入替台数の関係もありますけれど、出玉感は正直ありませんし、お客様も「出ている」感を感じている人って少ないような気がしていまして。

パチスロの場合は、それがとても顕著ですよね。もしも新台4台導入で、1台だけ朝一で連チャンしていたら?? 他の台を「避けて打たない」状況ができますものね。(まあ、お店によりますが…)

また脱線しましたが…とにかく、お店としても開店時は重要な「集客イベント」の一つですし、ここで信用を回復しておかないと、その後のお店のイメージなどが決定されてしまう場合があるので、大事に展開しないといけません。むしろ、新台入替時に「新台以外の機種をどう扱うか?」に重点を置くべきで、新台以外「稼働がなかなか上がらない」のも、そういう一面が影響しているのではないかと。

「出玉感」…お店にとっては永遠のテーマです。だって、個々人によって感じ方が違いますし、出玉感という抽象的表現では適正な尺度もないですし…。しかし、このわからないテーマに向かってお店全体をプロデュースする…つまり「出ているなぁ」と100人中100人が思ってもらえるような、そんな状況が理想ですね。まずは100人中1人づつ、お店のファンを作らねばと感じる次第です。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・牙狼だけは、みんなお口が、なめらかです!
(解説)
*『牙狼』の話になると、みんな口が滑らかになりますね〜。連チャン数もそうですし、ハマった伝説もそうですし。だから人気機種なんでしょうね。改めてそう感じましたよ。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る