> > 「ギッチギチ」だけど、さらに頑張って!
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

「ギッチギチ」だけど、さらに頑張って!
2009/06/30

いよいよ平成仮面ライダーシリーズ11作目となる「仮面ライダーW(ダブル)」がスタートするみたいですね。変身シーンが合体というのがいいじゃないですか! 仮面ライダーはずっとシリーズでやって欲しいですね。ヒーロー物は結構好きです(笑)。

さて本題に。今日も東奔西走してまいりました。いやいや、喋るのは嫌いではありませんが…さすがに疲労困憊気味で、今週は月曜日からバテてしまいそうです(悲)。

で、ホントに本題なんですが、某メーカーさんと「コストダウン策」について話をしていたんですけども…まあ、パチンコの場合、枠を筆頭に液晶や備品、メモリー性能等々…どんどん高騰しているって話です。

部材の発注方法とか液晶表示の開発なども含めて、かなり「ギッチギチ」にやっているけれども、どんどん性能がアップしているのでとても追いつかないって状況のようです。

「低価格帯のパチンコ機を開発したらどうですか?」と話をしたところ、あまり売れないだろう…と。版権モノとか表示とか…今のパチンコ機に慣れたプレイヤーばかりですから、質を落とすと客離れを起こすし、お店も「安いから買う」というわけにはいかない、というわけです。

おまけに「不正対策」にもかなりコストがかかっているという話ですし、ホントにパチンコ機が50万くらいになっちゃったら、新台そのものに「プレミアム」がついて中古市場も高騰しますし、導入できるお店とそうでないお店との格差はもっと大きくなると想像しますね。

まさに「庶民に身近な娯楽」という意味でも、新台を打つのに遠出するような形になっていくのは、プレイヤーにとっても良くないと思うので、ここの所を何とかしないとなぁ、っていつも思うんですよね。

「ギッチギチ」なコストダウンに取り組んでいるメーカーさんには頭が下がる思いですが…でも、さらにコストダウンを頑張ってもらいたいものです。だって、メーカーさんにしか出来ないことですからね。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・1パチも、回らなければ、当たらない…
(解説)
*月末ですが、お金もないので1パチで遊ぶことにしました。でも…1000円で10回くらいしか回りませんでした。回らなければ、ずっと当たらないですからね。お金を玉に換えた事自体、後悔してしまいましたよ。やはり同じ回らないなら等価交換のお店に行く…この方が自分には合いますね(笑)。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る