> > 悲しい事件
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

悲しい事件
2009/07/07

とんでもない事件が起きた。大阪のパチンコ店での放火は死亡者が出る大事件で、非常に悲しく、個人的にもショックを受けた。

まずは、心からお亡くなりになられた方のご冥福をお祈りしたい。また、今回の事件は、この仕事をしている限り、一生忘れる事のない衝撃的な出来事となると思う。

この事件での報道やコメントなどを見る限りでは、まだ犯人が逮捕されていないので真実かどうかはわからないが、「パチンコで負けた腹いせ」という動機が一般的な見方のようだ。

業界にかかわる人間として、もしも本当にこれが動機ならば、パチンコだけじゃなく、「世の中的におかしい」と思うくらいに問題は重大と感じる。なぜなら、ギャンブルで負けた腹いせで「殺人が平然と行われる」…そんな世の中は絶対おかしい。いや、おかしいというよりは、そんな社会状況にまで追い込まれているのか!と、モノ凄い危機感を感じてしまう。

ここでもう一つ納得いかないのが、ネットなどで出ている数々のコメント。今回、一番悪いのは犯人だ。責められるべきはそこだし、パチンコ店や業界も「道義的な責任」というのを痛感しているのが事実である。しかしながら「ギャンブルそのものが追いこんだのだから、全てなくせばいい」という論調や「税金を思いっきり上げてしまえばいい」という論調は少しおかしいのではないかな?と。

もっと問題は内在化し複雑に絡み合っているので、しっかりと真意を確かめる必要があると思うし、パチンコ絡みの事件では必ずと言っていいほど、いつも業界全体が「スケープゴート」とされるのは残念だ。

それだけ社会に対して、まだまだ誤解や性悪なものとして見られている…ということなのだろう。

何だか色々と書いたが、とにかく悲しい事件であり、当事者としてのパチンコ店・パチンコ業界・パチンコ産業に絡む仕事をしている全ての人が、色々と考えるべきだと思う。もう二度とこのような事件が起きないようにするために。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・七夕も、曇りで願いも、曇ってます…
(解説)
*おっと、そういえば、今日は七夕なんですね〜。お天気…曇りみたいでして…。そういえば昨年も曇りだったような…?? お天気には恵まれませんね。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る