> > やっぱり…やっぱり、そこか〜!
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

やっぱり…やっぱり、そこか〜!
2009/07/22

やはり今日の話題は「衆議院解散」ですかね。いよいよ選挙ですね。でも選挙…8月末ってかなり長い感じもしますが?? 今は若者の投票率が高いから、その浮動票をどこの党が獲得するか?? 見所ですよね。それよりパチンコ店の8月30日のイベント…考えないと!

さて本題に。今日も都内をグルりとまわりまして、非常に疲れました…。ええ、最近は年のせいか、体力が落ちてしまった感がありまして。あと、昨日の負けが堪えてますね〜。「海の日のイベント」なんて嫌いっす!

さて本当に本題に。それでですね、クライアント先に行きまして、先日もコラムとして書いた、パチンコの「ヘソ入賞」と「電チュー入賞」での大当たり振り分けの話題に。これって、切実な問題になってきましたよ。あるスタッフが「あのー、地中海を打っているお客様で…大当たり後に、8個保留の全てを終了するまで画面を見ているんですよね。で、へそ抽選の所で2R確変引いて…。喜んでいる表情を見ていると、何だか複雑っす」と嘆き始めまして。

お客様目線で言えば、8個保留の電チュー優先消化という機能は「今まで4個以上、玉を保留できなかったのが8個になって良かった」というイメージがあるのでしょうかね? それと「優先消化」なんで、パカパカ入って消化することで、確変&時短ベースが上がる=玉減りしづらい??というイメージもあるのでしょうか?

実はそこのところは定かではないのですが、某機種のように、電チュー入賞時は「全て15R」とか「出玉有しかない」というケースだと分かりやすいのですけれども、最近は「電チュー入賞時抽選」でも「2R当たり」が振り分けられているケース…ありますからね。そう、2Rでも「当たってしまう」ことだってあるわけですよ。

以前にも書いたように「ヘソ入賞」と「電チュー入賞」での抽選時にそれだけ大当たりを極端に振り分けられると、お店としては「スルー締め」により確変&時短ベースを落とすことができるし、保留消化の図柄変動秒数を早めることにより「ヘソ入賞を受けやすくする」こともできるわけなんですよ。そこは打ち手にとって不利…いや、不利というよりは、そういうスペックをもしかして「知らずに打っている??」ということはないのかな?と。

だからこそ、海…いや、『地中海』を除く海シリーズが最も安心でわかりやすいかも??なんて思っちゃうんですよね〜。あっ、もちろん私見ですよ、私見です。

とにかく、一つだけ注意してもらいたいことは、特に確変中に「ヘソ入賞の抽選を極力受けないようにする=電チューに良く玉が入る台を選ぶ」ということでしょう。そうそう、常に保留8個点灯を目指して、保4を切らない…これですね。だからこそ通常時から、スルー通過率や道釘、ステージのクセなどを観察して欲しい所です。

うーん、まだまだこういうスペックがトレンドとなるのでしょうか…。その動向が気になる所です。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・日食も、ご飯のおかずは、暗いまま…
(解説)
*いよいよ明日は皆既日食ですね。世紀の天体ショーで、生で観たかったのですが…。でも、オイラのご飯のおかずは、日に日に暗くなるばかり…。こういう時代ですからね…トホホです。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る