> > またも人事異動の季節??
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

またも人事異動の季節??
2009/08/20

いやー、今日は暑さも少し和らいできた感がありますが、夏はまだまだ継続中という感じでしょうか? 秋めいてくるのは来週に入ってから…ということになるのでしょうかね?

ということで本題に。今日もせっせと外回りしながら、打ちあわせや営業会議等に行ってきましたよ。とあるパチスロの開発関係のお仕事をしている人と話をしてきたわけですが…うーん、非常に厳しい!とのご意見。今日は、ちょうど某シンクタンクから「パチスロの市場規模が半分以下に落ち込む!」なんてトピックスをもらいまして。何でも、パチンコは9000億円程度の市場規模になっている模様です。これは価格が高騰しているから、その分、台数が出なくても市場規模はまだまだ伸びる…ということのようです。が、しかし。将来はわかりませんよね。お店の数もファンも減っているのですから。

…脱線しました。で、パチスロなんですが、2400億円程度の市場規模だそうで、その数字は半分以下まで下落しているという話。確かにパチスロ機だけで4000億円以上のマーケットは余裕でありましたからね。

ハード面での改善や部備品調達…コストダウン含めて計画的に生産されていると思いますが、それだけ機械が市場に出ていないってことですよ。だから、当然ながら開発コストはさらに削減され…それを引き受ける外注先もまたキツイ、という流れになるわけですね。

パチンコも2Dデザイン関係の人達は…特に厳しいらしいです。今、みんな3Dに移行してますから。またパチスロ開発の方も…人事異動っていうか…キャリアチェンジそのものを考えている人も多い模様でして。せちがらい世の中になりました。

とにかくパチンコもパチスロも…そしてお店も一部大手メーカーが「寡占化」していくことは、この衰退期に突入しているマーケットから見ても明らかで、打開策が見当たらないのが現状です。ますます「コストダウン」していくしかありません。外注先も人材もその要素の一つとして見られているというのは…悲しい限りです。でも、それが現実…ですね。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・3万円、慶次打っても、キセル…出ず(悲)
(解説)
*今日は『慶次〜斬〜』を打ちましてですね、見事3万負けで終了したわけですが、キセル予告も出てきやしない! ええ、全くのオカルトですが、キセル予告が出ないと「当たらない」と信じているオイラとしては、高すぎる代償となったわけですけれども。価格が安くなったPS3…買えましたね(笑)。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る