> > 地方の現状は??
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

地方の現状は??
2009/09/07

何だか最近「敷居が高い」という言葉を間違って使う人が多いようですね。実際、こういうのは勘違いもあるのでしょうが、まあ、本当の意味というのを理解して言葉を使っていかないとなぁ、と自分も気をつけようと思った次第です。

さて本題に。今日は久し振りに、地方でパチンコ店を経営されているオーナーさんとお話する機会がございまして。いやいや、本当に久しぶりでしたが、元気で何よりでした。

ちょっとした情報交換から現在の状況なんて教えてもらったんですけれども…いやー、首都圏よりも地方では本当に大変な状況になっている模様ですね。とにかく経済が循環していない!っていうか、産業が育っていないから、所得も減って…余暇といってもパチンコで遊ぶという「ムード」まで盛り上がらないそうなんです。

とはいえ、それなりにヘビーユーザー層は存在している模様なのですが、とにかくプロっぽい方々やゴト事犯もかなり増えており、対策に苦慮しているという話です。ええ、ゴト師は困りますが、プロの方が来てくれるのは売上貢献になっているという事なので、そのバランスが大変という話です。

パチスロは特に顕著で、若者=プロっぽい客層しか残っておらず、その地域では「その層」の人にそっぽ向かれると、営業が成り立たない程に苦しいという話でした。

唯一の救いは家賃支払とか人件費などの固定費が都内などと比べれば安いという点だ、とお話されていましたが、新台価格は全国共通ですからね(笑)。

結局、今の流れを見てみると、メーカーさんもホールさんもある程度の「資金力」があって、狭くなった市場をどんどん取っていくという「市場シェア優先主義」になりつつあります。個人的には、やはりファン拡大に向けての取り組みを中心に業界を成立させていく事だと思うわけですが…。中々うまくいかないものです。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・カニ歩き、終着駅は、いつもジャグ…
(解説)
*パチンコではそんなことはないのですが、パチスロの場合、色々な機種を打ちまくった後は必ず最後に「ジャグラー」なんですよね。そんな方って多くないでしょうか? どうも最後に「少し勝てるかも知れない」って思っちゃうんですよね〜。ええ、もちろん勝てないんですけど(笑)。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る