> > 深いところまで見てますよね〜
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

深いところまで見てますよね〜
2009/09/10

おおっと、「マッスル坂井」がハッスルに移籍するっていうニュースが飛び込んできましたよ。いやー、格闘技界も再編される中で、ハッスルはまだまだ勢いがありますよね。格闘技ファンとしては、ハッスルは細くても長く続けて欲しいものですよ、ホントに。

さて本題に。いやー、日増しに暗いニュースばかりが世の中を駆け巡っているのを肌で感じるわけですが、久し振りに「(自称)パチプロ」という方にお会いしまして。実は5年くらい前に初めて会ったのですけれども、今回もある方を介してなんですが、再会することができました。

まあ、一番は「こんだけの不況で、こんだけパチンコが渋くて、どれだけ稼いでいるのか?」が興味本位ながらも気になっている事でしたが、会話が進むうちに意外な回答が返ってきまして。

「もちろん一部だけど、頑張っているお店っていうのは釘も開いているし、かなり健全だと思うよ。入替もそんなにしないしね」「最近は新機種入替じゃなくて、自社物件だとか、他のビジネスなんかやっていないお店ばかり狙って、営業方法を観察しているよ」「店長が辞めないとか、スタッフも古い人が多いとか、見てるよね」等々。

いやー、ビックラこきました(笑)。5年前とは発言が違います! 釘とかあんまり見てない…なんて言ってます。もちろん最低限のチェックはしているのでしょうけれど、そんな事より「自社物件」とか「他ビジネスの取り組み」まで観察しているとは!

しかも「スタッフの顔ぶれ」まで覚えて優良店を判別しているとは恐れいります。まさに、それ!って感じですよ。

正直、立ち回りといっても、まずキレイなお店だって釘がシブければ×ですし、新台が早く導入されても×ですしね。ええ、勝てる可能性が少ないって事です。

さらに、お店との駆け引きという面では、深いところを見ていかないと長い目でいえば儲からないですし。立ち回りも実に変わったものだ、と感心した次第です。

ということで今日の教訓は、お店の大きさとか、キレイさとか、新台入替スピードの速さっていう「みかけ」だけでなく、中身もキッチリ見て立ち回る事が大事だなぁ、と。また、お店はその逆で、しっかり中身を考えてお店を運営しないと大変な事になるなぁ、というのがわかりました。

今度、一緒にパチンコを打ちに行ってくれるというので、その立ち回りを見るのが楽しみですよ。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・地中海、すっかりお魚、いませんね…
(解説)
*あれ〜、『地中海』! どうしちゃったんでしょうね?? すっかり釘が渋くなっていましたよ。そういえば『沖縄2』が11月にも導入?? なんて噂があったから…なんでしょうね。秋口はどこの『海』に魚がいるのでしょう? カリブ?沖縄?大海?地中海?…それとも??(悲)




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る