> > 可動役モノはどんどん進化!
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

可動役モノはどんどん進化!
2009/09/15

いやー、マリナーズのイチロー、凄いですね。新記録を見ようとずっと起きていたのに…雨で開始時間が延長になって、ヤンキースVSオリオールズに切り替わってた(笑)。でも、松井のホームラン見れたし、朝まで起きていて良かったですよ。ハイ。

さて本題に。今日は某メーカーに行きまして、機種の取材に行ったり、お客様のところに営業に行ったりとバタバタしておりました。で、その時のお話ですが、最近のパチンコ機についている「可動役モノ」の話題になりまして。

メーカーの方に「いったい、どのくらいコストがかかるんですか?」と聞いて見たところ、「そうですね〜、金額は言えませんけれども、やっぱり裏側にモーターを追加してつけたり、制御もありますしね…」と一言。うーん、確かに2つも3つもありますからね。その数だけでも半端じゃないのでしょう。

さらに最近は「15R大当たりなのに、出玉は8R」みたいな機種も増えてきましたよね? それはそれで良いのですが、アタッカーの「パカパカ速度」というのは、各メーカー毎に異なる…もっと言えば「異常に速い」機種もありますし。メーカーの方に「アタッカーのパカパカは実際にどうなんですか! 作るの大変なんですよね?」と聞いてみたところ、やはりノウハウはあるようです。その可動だけでなく、ラウンド途中から早くなったり、パターンによっても方法はそれぞれ異なる、と。

うーん、パチンコは奥が深いですよね。今では「キュイーンの効果音」も「LEDの数」も「液晶全面を覆う可動役モノ」も当たり前のように演出で使われていますが、とにかくユーザーを飽きさせない工夫が随所に凝らされていますよね。

…高額化するのも、仕方のない所なのかなぁ?と妄想してしまいました。未来はどんなパチンコ機が登場するのでしょうかね?楽しみであります。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・「実に美味い!」、チャングム気取りで、ランチタイム!
(解説)
*…ええ、あまりにチャングムで当たりが引けないので…。もう「自分で言うしかないなぁ」とご飯を食べる時には必ず「実に美味い!」ってモノマネしておりますよ。…友人には「似てない」と言われますが(笑)




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る