> > 差をつける"チャンス”ですよ!
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

差をつける"チャンス”ですよ!
2009/10/02

最近はテレビドラマの映画化が凄いですが、来年はあの「海猿3」が、まだ未定ですが「踊る大捜査線 THE MOVIE 3(仮)」が製作準備に入っているっていうじゃありませんか。かなりドラマ関係でこの業界も版権取りに動いている、という噂を聞きましたけれども。注目したい所です。

さて本題に。10月に入りました。9月のお店の営業成績はというと…そうですね、大体10%程度は売上減という感じだった、と話を聞きます。とにかくシルバーウィークでの期待感はありましたけれども、このデフレ環境の中で売上を上げていくというのは難しいものです。

で、最近、よくお店の人と話題になるのが「オリジナリティ」という言葉。もはや新台入替のみで集客を実現するのは困難ですから、どの点をお客様にアピールするか?という点を毎日議論しています。

以前ならば、良いやり方を真似て、機種構成もほとんど変わらない…そう、言わば「金太郎あめ」っぽい感じでありましたが、最近は低貸玉単価でも貸玉単価はもちろん交換率にもバリエーションがありますし、機種構成やスペック、釘調整についても大きく異なっています。

さらに加えて4円貸し玉コーナーの機種構成もバラエティに富み、お店を良く観察するとかなり変化がありますよね。

この傾向はもっと色濃く出てくるはずで、アピールポイントも運営方法もこれから大きく変化していくことでしょう。問題は、やはりリピート率の問題であるとか、新たな客層の獲得であるとか、広告宣伝やイベントなどにも課題が散見しております。

新聞チラシも月に何度も打って「その効果性はどうなのか?」といつも議題に上りますし、さらに精度を上げてコストダウンを図っていくことになるでしょう。しかも、地域によって宣伝なども規制があり、自由度が少ないという点も深刻な問題です。WEB関連・携帯関連含めて、新しいメディア戦略を取るお店も増えてくるのではないでしょうか?

その他、省エネ対策やインフルエンザ対策等、店舗管理においても重要なテーマがたくさんあって、取り組まねばならないことが多いですが、競合店に差をつけるには、このタイミングだと思っていますので、是非、お店もオリジナリティを出してもらい、楽しいお店をたくさん生みだしてもらいたいと思いますね。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・既に2万、夢見るオヤジじゃ、いられない…(悲)
(解説)
*藤商事の『相川七瀬』を発見! うーん、打ちたかったのですが、もちろん打てない程の高稼働であります。が、しかし、そこからがいけなかった…。『月影』を打ってしまいまして、2万訪銃…夢見る前に撃沈です。なんだか負けた話ばかりになってきました(悲)。しばらく金パチ…沈んでます。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る