> > 変わらない美学
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

変わらない美学
2009/10/06

いやいや、ビックリです。プロレスは、さらに細分化されているんですね。なんでも静岡県富士宮市で主に開催されている地域活性お茶の間プロレス「富士宮プレス」に加え、「沼津プロレス」なる団体もあるとかで。みちのくプロレスとか埼玉プロレスとか、プロレスもローカル団体が増えてなによりです。ファンのすそ野拡大には、こういった地域密着活動は重要ですから。パチンコも…同じっすよ。

さて本題に。今日も色々な方と打ちあわせや商談、会議などでバタバタと動いておりました。キツイ、キツイと言いながらも、現実そうそう変わっていきませんから、できるだけ将来に向けての変化や予測、明るい兆しなどに日頃より関心を持っている次第です。

そんな中、東京都内にある某優良店舗の話を聞き、元気になりました。そこは平日でも土日でも…いつでも「超満員」のお客様を集める高稼働店なのですが、実はお店の外観はボロボロで、新台入替もそんなにやっていない。しかも会員制度もない。とにかくやっている事は昔から「玉を出す」事のみに専念しており、その他には無駄なお金をかけずに経営している、という話でした。

だから、宣伝広告にも内装にもほとんどお金をかけず…。しかも自前のパチンコ店らしく、家賃支払いもないようで、経費も抑えつつ経営しているそうなのです。

キーワードは「昔からずっとやっている」という姿勢。バブルの時ですら、我が道を行くではないですが、数%の粗利しかとらないというこだわり方で、「稼働命!」という標語も20年前くらいから実践しているとか…。経営指針はただそれだけ…。お客様をいっぱい集める事のみに注力しているのです。

今時…という言葉は失礼ですが、やはり同じ遊ぶならキレイな所で打ちたいし、新機種で遊びたいし、しかも勝ちたいですよね? でも、そこのお店は全てを度外視しても、出玉で勝負するというこだわりで経営しているという・・・、これはある意味、やれそうでやれないと思うんですよね。

しかも地域のお客様の心をくすぐるというか、伝統を大事に守ってきた事を現在の「強み」として活かしながら、常に「変わらない姿勢」を維持してきたのには感服する次第です。

もちろん、近日中には見に行ってこようと思っていますが、シンプルな事を地道に継続していく事の難しさ、とでもいいましょうか。経営者のポリシーなのでしょうか。「変わらない美学」というのもあるんですよね、世の中には。勉強になりました。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・ライダーに、座れず牙狼、ハイ3万!
(解説)
*今日から『仮面ライダー』ですね。ええ、もちろん打てるわけがありませんよ。夜からですから。で、『牙狼』勝負に。なんと2000円で大当たり&魔戒チャンスゲットです! いやー、良いことあるもんですね。結局3万くらい勝ちましたよ。神様っているんだなぁ。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る