> > 今はストーリー性が大事ですよね??
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

今はストーリー性が大事ですよね??
2009/10/22

ひげ、ひげですか…。「男子フィギュアスケートの織田信成、ひげ伸ばす」なんてニュースをキャッチ。なんでも「つけひげ」の場合、落下したら減点になるので伸ばすしか方法がないんだとか…。フィギュアもエンターテインメントですからね。演技でひげが必要になったのでしょう。点数アップを期待しておりますよ。

さて本題に。今日も昼間は暖かったのですが、夕方から一気に冷え込み、マスクをつけている人が増えてきましたよね。最近は政治もそうですが、北極の氷がかなり溶けているのも気になる所です。

ということで本当に本題に。暗いニュースの中にも元気を出し続ける小生でございますが、これだけ世の中が混迷していると、打つ手がなく、話題は縮小話ですとか、コストダウンの話ばかり。これはこれで大事なテーマなんで、細部にわたり戦略的に取り組むべきですが、こういう時代だからこそ、攻めることや変化していく姿勢をユーザーに打ちだすべきではないか?と。

ありがたいことに、パチンコもパチスロもかなりの新機種が出ます。どれだけ導入するか?どれだけ予算を使うか?というのはお店次第の所もありますが、選択できる材料はかなりそろっております。そこから入替や出玉、イベントなどを含めて、確実に変化させていく方策を検討すべきか?と思うのです。

特に「どんな情報を入手したら、人はお店に行きたくなるのか?」など、行動心理をつぶさに分析することが重要ですよね? 今は広告宣伝について、細かな規制がひかれていますので、以前のような露骨な表現は難しいわけですが、もっと昔は「入替=お祭り(お店、大赤字)」みたいな見えないお約束があったわけです。そのお約束を破ったのは、他でもなくホールであります。お店であります。「機械が…」という人もおりますが、その機械を導入したのも、使えなかったのもお店の自己責任ということがあります。だからこそですね、可能な限りの変化を提示していくことが重要で、広告宣伝もその手法も「ひとつのストーリー」が大事なのだと思うんですよね。

遊べるパチンコを用意するも良し、マックスタイプばかり並べるも良しなのですが、そこに「ストーリー性」を感じさせることができるか?否か?は、店舗力にかかると思うのですよ。ええ、新台入替の早さや設備の新しさとか…そういう目に見えるものではございません。

地道に地道に…力をつけていくためのパワーをためる時だと思うので、大変だとは思いますが、少しづづ変わっていってもらいたいものですよ。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・乱舞した! 俺の諭吉と、5円玉…
(解説)
*財布の中で諭吉が…乱舞しましたよ。でも2万突っ込み、2万2千円勝ちましたからね、今日はたくさん遊べました。でも、お守りにしていた5円玉をなくしてしまって…かなり凹んでおります。悪いことが起きなければ良いのですが…。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る