> > 来年には、もっと変わってくる!!
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

来年には、もっと変わってくる!!
2009/10/26

検定ブームなんですかね?? 『アントニオ猪木公式検定』なるものがあるようで。新弟子級からチャンピオン級まであるんですけども、検定料は…結構高いんですよね。おっと、ちなみにパチンコにも色々と検定試験がありまして…あまり認知度という点では知られていないのかもしれませんが。もっと色んな検定試験が出てくるのかなぁ?と想像しております。

さて本題に。いやー、寒くなってきました。もう11月ですものね。早いもので、今年もあと少しで終わりですから。
正直なところ、民主党政権になってから安定的な政策が打たれるまで少し時間がかかりますし、あと半年程度は景気も大きく変化しないだろうというのが多数の意見のようです。ええ、日本人の7人に1人が「貧困層 」と言われていますしね。

もちろん、パチンコ業界もまた…売上減少が激しく、特に地方では「1パチ」を導入していないお店はダメ!みたいな烙印を押されている地域もあるようです。そして、次第に低貸玉が増え、0.5円パチンコも当たり前になってきて…。

明るい話は一つもありませんが、それでも新台入替を抑えて、設備投資を抑えて…可能な限り出玉で還元しプレイヤーを集めていく努力は現在よりももっと進化していくでしょう。

昔はあまりなかったのですが、パチンコ業界に見切りをつけて、体力のあるうちに「新しい事業展開」を考えている法人も増えているようです。なんせ、規制が厳しく緩和の方向性も見えず…景気が悪くなるほど社会的な目線もキツイ…経営もキツクなるという理由のようですが。まあ、経済活動をしていれば、もっともな考えだと思います。でも、どんどんパチンコ業界が衰退してしまうのも寂しい話ではありますが…。

海外のカジノ戦線に参入しようとするメーカーもありますし、中国でのレジャー産業に本格参入を企図している法人もあります。日本に市場がなくなってしまえば海外にうってでるという戦略も理解できます。資本主義経済ですからね。

個人的にも仕事の軸足を変えていかねばならないなぁと考えながら、中国語でも勉強しようかな?と思っておりますよ。まあ、1日でノックアウトでしょうけどね(笑)。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・汗かいた…、羽根モノレレレは、芸術だ!
(解説)
*あまりにお金がないんで久しぶりに羽根モノ打ってたんですけどね。…『レレレ』はいいですよね〜、やっぱり。羽根モノは芸術ですよ。こういう機種をもっと導入して欲しいと思いますが…あんまり利益が取れないんでしょうね(笑)。きっと。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る