> > 射幸性って…難しいですね
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

射幸性って…難しいですね
2009/11/02

8月に終わった仮面ライダーディケイドの最終回…映画の告知がされていたことで問題になっているみたいですね。でも12月に劇場で仮面ライダーの雄姿が見られるのは嬉しい限り。これは見にいかないと!

さて本題に。いよいよ11月に突入しました。しかし、景気は一向に上がらず…世の中、雰囲気まで低迷を極めている感があります。といっても今日は11月1日で「トリプルワン(1)」の日。ええ、勝手に名前つけちゃいました。もちろんパチンコ、勝負っす!

打つ機種は冒頭でも触れた『ぱちんこ仮面ライダー』でございます。この機種、凄いんだなぁ、これが。「玉が出る」のも凄いが「吸い込み」も凄い!

何回もサイクロンモードに突入して夢を見ていたのですが、一度もものにできず、あっという間に2万放出!! っていうか1時間足らずでなくなるなんて早すぎる! 牛丼の松屋がキャンペーンで「1杯290円!!」とやっているのを見て「ああ、牛丼なら…68杯食べられるな」と、そういう計算は何故か早いのですが、キャンペーン期間中が終わったら68杯は無理だなとか…妄想するわけでして(笑)。

ええ、もちろん自分自身においては笑える話ではございません。次なる勝負は『牙狼』です。これしかないでしょう!この負けをまくれるのは…。また、この機種も出る時は出るんですけどね、演出的には動かない時は全く動かずでして…。ちょうど1万円投資したところで、いよいよ「アホになる(=キレる)」瞬間に来ました!! 来ましたよ。大当たりが! しかも魔戒チャンス突入でございまして。
交換したところ34000円くらいになりました。なんとか4000円の勝ちで終了。良かった、良かった…です。

で、話長くなりましたが、今日の教訓ですけれども「射幸性」の定義っていうのは難しいですね。『仮面ライダー』も『牙狼』も、巷では色々と異論反論あるみたいですが、大人気機種ですからね。しっかり結果も出ている…。
ある人は「マックスタイプのバブルは終わった」とか「ミドルスペックがこれから主流になる」と1年前くらいから言われていましたが、実際はマックスタイプか?または甘デジか?(一部、1パチ)と言われていますしね。

究極はスペックなのでしょうが、初当たりが「軽い、重い」とか「ラウンド振り分け率と確変率とのバランス」とか色々と言われていますけれども、結局のところ本質は「玉がジャラジャラ…たくさん出る」というのが人気の秘密のような?? そんな気がするんですよ。

だから、もしも…もしもですが、昔のように2.5円(40玉or42玉交換)交換のお店で…もちろん1箱5000円程度の妙味で…1回の大当たりで2200発くらい出て…というマーケットに戻らないかなぁ?と思う次第であります。

出玉のスピードとか試験基準などもありますけれども、お店だってデジパチの「1回当たりの大当たり平均玉数」が少なくなればなるほどに、玉箱をどんどん小さくしていったりしながら投資を繰り返しているわけでして。交換率は別にしても「大当たりしたご褒美として、玉がいっぱい出てくるかも??」という期待感…射幸性っていうんですかね?? そこって、今のスペックだとちょっとキツイのかなぁ?と思うんです。

サミーの『戦国乱舞 蒼き独眼』は、大当たりの「連続」によって、プレイヤーから見て「ご褒美(=出玉)」の部分を上手に演出してますし、もっともっと工夫次第ではそういうスペックの機種も出てくるのではないかな?と。

お店は、利益バランスもありますが、安定的な回転率の提供ができないのであれば、交換率変更というのも…いよいよアリなのかな??なんて思うんですけどね。この流れ…どこに向いているのかわからないのですが、きっと『仮面ライダー』や『牙狼』はずっと打っていると思うので、撤去しないでくださいね(笑)。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・狼も、今日はとっても、強かった!!
(解説)
*いやー、当たらない時はどうなることやら?と思いましたが、『牙狼』はやっぱり快感ですなぁ。これがあるから止められないですよね。毎日、ずっと打っていたら、勝ち越せるのかちょっと試したくなりましたよ。ええ、宝くじでも当たったらですけどね(悲)。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る