> > パチンコ業も国営化にしたら??
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

パチンコ業も国営化にしたら??
2009/11/26

今テレビでバンバンやっている「事業仕分け」の影響もあって、何だか税金の使われ方には「無駄がたくさんある」っていうのが理解できました。でも、それはいいんですけども、どうも消費のカンフル剤じゃなく「消費抑制剤」になっているようでして。とにかく「節約」「生活防衛」といった危機感ばかりが募ってくるようなやり方で本当にいいんですかね?? 夢を持たせないと日本はダメになると思うんですけどね。まぁ、生きていくので必死だから、それどころじゃないんですけども。

…長くなりました。さて本題に。今日は打ち合わせと事務作業の連続でございましたが、まだ未確定ながらもパチスロの解釈基準の話、どうやら最悪の状態まではいかなかった模様ですね。なんとか土俵際までのこった…という話。

簡単に言うと、今のART機の射幸性が「高い」という判断で見直しが議論されていたんですよね。しかもさらに「射幸性を下げるように」との注意も受けていたわけでして。一部では「これ以上射幸性を落としたら、こよなくゲーム機に近い存在になる」と危機感を持っておりましたが、(細かい話はできませんが)最悪の事態だけは何とか免れた模様です。

しかし、いつも書きますが、この射幸性という部分は本当に難しいです。本当にパチンコを「国営化」にしてしまうとか、そういう事をしない限りは市場は伸びないのではないかな?と。

だって競馬は来年から新しい「賭式」が導入されるわけでしょ? 1R〜5Rの1着を全部当てる…みたいな。競輪や競艇も同じで次々と「賭式」が導入され…。totoもそうですし、宝くじもバリエーションが増えていますしね。公営ギャンブルは「もっと参加して、もっと金持ってこい!!」みたいに見えてしまいます。ええ、性格がひねくれてますからね、小生は(笑)。

パチンコやパチスロを国営にして、一定金額を納税する仕組みを作れば…きっと「射幸性」の基準が劇的に変わると信じてやみません! むしろ、国が応援してくれればですね、テレビCMや色んな制約が緩和される可能性もありますし。

…おっとすいません。妄想に走ってしまいました。まあ、それはあり得ない話ですので。現実に戻りまして、まあとにかくパチスロについては一段落した感じではありますが、本当に売れない時代に突入しており、年々市場規模は縮小していく事は間違いないでしょう。

なんとなく時代に取り残された事業みたいに見られているようで、悲しい感じがしますね。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・師走前、お金がなくて、シワ増える…
(解説)
*いやー、お財布みたらいつの間にかお金がなくなっており…。緊縮財政どころか壊滅寸前の展開でございます。12月はたくさんパチンコが出るのに…これではさっぱり遊べませんなぁ。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る