> > 「パチンコ法」…できないかなぁ?
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

「パチンコ法」…できないかなぁ?
2009/12/17

おっと…ハッスルは大丈夫なんでしょうか?『インリン、ハッスルのギャラ未払い訴訟に「勝訴」と報告』なんていうニュースをキャッチ。で、「勝手に引退させられた」なんてコメントも。世知辛い世の中なんで、こういう状態なんでしょうなぁ。プロレスをエンターテインメントにしたハッスルなんで、頑張って欲しいんですけどね。

さて本題に。2009年も残すところあと僅か…ええ、ずっとこんなことを言い続けておりますが、2010年はどうなっちゃうんでしょうね〜。世界的にもカジノを筆頭に、ギャンブルマーケットは冷え込んでいますから、当分、パチンコ業界も逆風が吹くことは間違いない所でしょう。

いつもクライアント先のオーナーから「明るい話題はないんかい!!」と怒られるので、アンテナだけはずっと張っているのですが、イイ話ってないですよね。

「宝くじ売り場と餃子の王将のお店の前だけは、並びが凄いです!!」っていうと、さらに怒られるんですけども(笑)。まあ、見たままを言ったので、困惑するんですが、それが現実…事実ですからね。

「お金を持っていないわけじゃない!! 使わないんだ!!」とも言われますが、じゃあ、持っている人は誰なんだ??って話になると、貯蓄の7割以上が60歳以上の人達で、消費のトレンドリーダーになっているわけではないのです。社会保障不安もあって、お金を使うモチベーションがないわけですよ。

…脱線しました。話を戻しますと、とにかく「需要と供給」なわけですから、仮に「もう日本からパチンコとパチスロなんていらない!!」っていう人が増えていったら、自然にゼロになるでしょうね。逆に「必要だよ」という人が増えたら成長していく…そういうものだと思います。

「必要とされるには?」…どうしたらよいか? 社会に対して、もっと「正しく」業界のことを伝えるべきだと思うんですよね。大分、テレビCMやお店の努力によってですね、かなり認知されてきたと思うんですが、まだまだ脱税を含む脱法行為を行う業種として見られていたり、事件や事故などのメディアの取り上げ方は正しくないと思うんですよ。

もちろん、正しいことばかりではなく、悪いことだって取り上げるべきです。問題は問題でかなりいっぱいあるんですから。例えば「パチンコは風俗営業法の管轄」という点。これって問題だと思いませんか? オイラは問題じゃないかなぁ?って思うんですよね〜。マージャン店やゲームセンター、性風俗などの業種と同じ法律下で管掌されているんですから。戦後から考えて、これだけ社会が変化しているのだから、そろそろ「パチンコ法」なる法律ができてもいいなぁ、と。

正しく伝わった所で「必要か?必要でないか?」を社会に判断してもらえれば、その時の市場規模が「適正」って答えになると思うので、まずは「まっすぐ歩いて、その土俵に上がる」ということを、もっと頑張らねばならない、と思うのです。

来年こそは…お金を稼いで、本でも出版したいなぁ、なんて思っているんですけど…買ってくれる人、いるかなぁ? プロレスネタとオヤジギャグは封印するつもりですけどね。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・蒼天の、前にある雲、いつ晴れる…
(解説)
*サミーの『蒼天の拳』…打ちましたよー。15000円で大当たりしたんですけどね、右打ち時のベース…超辛いっすね。玉は減る一方じゃないですか!! 電チューじゃないっていうのもミソですよね。うーん、立ち回りは気をつけなくては!!




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る