> > 人もパチンコも「事業仕分け」!
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

人もパチンコも「事業仕分け」!
2009/12/21

「お歳暮の数が激減した」と語るのは、クライアントのオーナーさん。今年は不況の影響もあって、例年の半分以下になっていると嘆いておりました。過去の商慣習も劇的に変わってくるのでしょうね。きっと。いやー、来年はどうなる事やら…

さて本題に。今年も残すところ、あとわずかっす。ええ、人には「12月はパチやスロを打つのは止めた方が良い」と勧めながら、せっせとお店に預貯金している毎日です。

あれは何ですかね〜。忙しいと「つい空いた時間」でやりたくなるのは。すっかり病気っすよ。でも、そんなオイラも少しづづ変化を感じておりますね。

おっと、本当に本題に。「パチンコ」や「パチスロ」をずっと見ていて、今年一番気になったのが「プレイ時間の短さ」ですね。職業柄、ある程度のスペック情報なんかは頭に入っているから、どこが一番「止め時かなぁ」というのは事前に想像しているんですが、今のプレイヤーの止め方は半端じゃないですね。見切りが凄い!!

特に常連さん。会社員のように「きっちりと時間で打っている」感覚がありますよ。パチンコやパチスロって、こんな感じだったのかなぁ?と思ってしまうわけですが、時間に関する「価値観」も変わってきたのかも知れませんね。

「無駄に過ごす時間…」というのも貴重な体験であるわけですが、世の中のリズムが早くなってきた事もありますし、それだけパチンコやパチスロに期待していないという事なのかも知れません。まあ、総合的に見て面白くないって事なんでしょう。

今は昔のように「ランチタイム終了後の職人さんのパチンコ打ち」っていう姿は全くみかけなくなりました。そのままの格好で昼間の間にパチンコ打っている人が多かったものですが…これも不況の影響と、短時間じゃもう勝てないっていう表明のような気がしてなりませんよ。

実はこういった傾向は、パチンコやパチスロ開発、お店の調整などにも多大なる影響がありまして…昔のような機種って、もう出て来ないだろうなぁ、と。

新しい機種やスペックが今のお客様だけでなく、「新しいお客様」に受け入れられない限り、発展していくのが難しいのかも知れません。ま、パチンコに限った話ではないですけどね。全ての物や事象が「事業仕分け」されてきている…そんな感じがしております。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・海打って、今年の膿が、化膿した…
(解説)
*今年の膿(負け)は、しっかり海でケリをつけようと思い、沖縄2で勝負しましたよ。しかし…ホント、演出が動かなくて、2万をあっという間に吸い込まれました。パチンコ…どうやって勝つのかなぁ?誰か方法を教えてください!(悲)。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る