> > いやー、実に厳しくなってきました
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

いやー、実に厳しくなってきました
2010/02/12

おっと、これは衝撃的。「朝日新聞が大分、佐賀県で夕刊廃止」ですって。何でも今年の3月末で終了とかで。夕刊って、朝刊にはない記事とか面白いトピックスとかあって、面白いんですけどね。新聞もWEBなどに押されているのかなぁ、としみじみ感じる所です。いずれ新聞はなくなってしまうのでしょうか…。

さて本題に。パチンコ・パチスロ業界も今年に入ってから一斉に「緊縮状態」に陥っておりまして、まず新台の売れ行きも悪ければ、中古機の流通状況も良くない。また1円パチンコも飽和感があって、既に格差がついていて、4パチもMAXタイプもミドルも甘デジもダメで、いいのは新台…しかも2週間くらいまでという短命で、お店としてもお手上げ状態のようです。

言いたくありませんが、やはり景況感の影響は大きいです。とにかく自営の人とかサラリーマンの人とか…手元にお金が残っていないですから、余暇に費やすお金も減って当然ですからね。パイが小さくなっているから、こういう時期にドーンと大型店舗ができるとか、リニューアルオープンして最新設備などを導入して、新台揃えると「集客できる」っていいますか。例えると「パワーゲーム」って所でしょうか。資金力豊富な所が、より「勝ちやすい」状況になっていますね。

ま、とにかく経費を削って、もっとコスト削減して、どういう状況になってもお客様から支持されるお店作りを「その時代時代」に合わせて工夫していくしかありませんが…。

もっとも、機械代が高いから「全く入替をしない」お店でも、3ヶ月くらいするとお客様が減ってきて、やはり新台を求めるユーザーも多い、という話を聞いたことがありますから、コスト削減できる部分も「あと僅か」って所なんでしょうけども。

「入替しないけど、出玉で還元する」といっても、商売としては上手くないってことなのでしょう。確率ですから、お客様には「いくらで遊べるか? どのくらいの射幸心か?」ってわからないですものね。もっとアイディアを出していかないと…。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・人生も、トラップ突入、すぐスルー…
(解説)
*いやー、前回に引き続いてですが…トラップモードは上手くできてますよね〜。みんな、携帯でチェックしてますものね。確変の配列を。あれで確認できれば、オイラなら即止めするんですけど、やめられませんものね。まあ、しばらくできないですけども。(自粛中っす)




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る