> > 売上を上げる策を考える事が先!
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

売上を上げる策を考える事が先!
2010/02/23

今、オリンピックでカーリングの試合に夢中であります。オイラが見ていたのは「日本VSロシア」だったわけですが、ピカチュウのコスプレをしていた男性…気持ちが微妙になりました。同じ日本人として…。どうなんでしょうね? ああ言った国際映像が流れる場面では、考えどころだと思うんですけども。

さて本題に。今日も朝から色々と出歩いて、営業しておりました(笑)。今日のテーマはズバリ! リストラであります。メーカーもホールも販社の方も…まあ、パチンコ業界だけではなくて、色んな業種でリストラが蔓延しております。再就職といってもかなり厳しい環境下にあります。

このままではいけない!!とみんなが考えているわけですが、結局のところ「誰が、いつ、何を、どのように…」といった、新入社員でもわかる「5W2H」がこの日本にはありませんよね。いや、みんながみんなのせいにしている所もいけないと思っておりますよ。

で、話を戻しましてパチンコ業界。個人的にはリストラは反対です。いや、もちろん経営ですから、ニッチもサッチもいかない、という部分は認識していますし、正しいと思っています。ただ、売上が上がるモデル…っていうか、チャレンジというか…考えられるもの全てを行った上でコストダウンとかリストラって行っていくもの、つまり順番があるのではないかなぁ、と切に感じるわけです。

なぜ?って、リストラをすれば経費はダウンしますが、売上が伸びるわけではないですから。ある意味、売上が上がらないことを前提とした策ですからね、そこのチャレンジはショートカットするの?と思ってしまうわけです。「どうにもこうにもならん」ということになれば、リストラも止む無し、という感じはありますが。

メーカーでもホールでも販社でも…いや、日本の中にはこの不況下で着実に業績を伸ばしている企業があるのですよね。つまり「全部がダメ」ってことではないと思うのですよ。トップの考えや将来ビジョンといった部分を再度、検討していくというのが大事なのではないでしょうか?

何度も言いますが、リストラの方針を出すと、肝心の「売上を上げる」施策…作戦の幅が狭くなるので、ますます厳しくなる可能性があるってことを凄く危惧しております。どうなるのかなぁ、この日本は…。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・吉宗の、大盤振る舞い…バーチャルね(悲)
(解説)
*今日はですね、大都技研の『CR吉宗』を打ったんですよね〜。もちろん『吉宗』ですから、狙いは出玉。でもスペックは辛いっす。大盤振る舞いを期待したのですが、あえなく撃沈!! 負ける時はいつも悲しいなぁ。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る