> > とにかく小さい事からコツコツと…
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

とにかく小さい事からコツコツと…
2010/03/10

おいおい! これは知らなかったよ〜。なんでも福岡県で「安全か食育か 給食パン持ち帰り禁止」なんて議論が出ているようでして。そりゃ持ち帰ってOKでしょうが!! もったいないでしょ、食べ物が。そりゃ子供だってお腹がいっぱいな時だってあるんだからさ、そこは少し考えた方が良いと思うけど…まあ、問題になるくらい色々な意見があるんでしょうけどね。

さて本題に。どうも3月はスッキリしない月というか…、決算期だからっていうのもあるのでしょうか? お客様を観察していてもノリが悪い感じがしております。

それでもスタッフの人達と「あの○○ってお店はいつもお客様がいっぱいで…凄いですよね」と優良店に感心しきり。おいおい、戦う前から負けてちゃダメだ〜と叫ぶばかりなのですが、いつも分析や観察をしつつ同じやり方をやっても「お客様は来ない」という話をするわけです。

そりゃ、ベースが違いますし積み上げてきた歴史も違いますからね。どう考えたって釘とか設定だって甘いのに。自店に来ないのは何故か?って所を出発点にしないと。

もう「新台入替」したって「出玉」を出したからって、短期間でお客様が動くっていう時代ではありません。お客様のニーズを「継続的に満たす」というのが大事で、短期間では結果が明確に出るものではないのです。

だから「入替」や「イベント」をするなってことではなく、もっとアピールしたり、毎日の小さな事の積み上げが礎になると…。

投資をするにも「○○円かけたら何年で償却」という時代ではありません。投資しないと確実にお客様がいなくなるという状態もケースによってはあるわけです。もしも稼働が下がったら、また元の現状に戻すのって、それ以上のコストがかかる…そういうビジネスなんですよね、パチンコって。

だからこの時代、昔の成功要因やイメージを早く忘れて適切にお客様を観察しながら小さい事を積み上げていく事が大事ではないかな?と思っておりますよ。

例えば、今は「回転=出す」という見えない約束が崩壊している…でも、それを知っていてか、しばらく市場に新台が浸透してからイベントをかける事もお客様は知っているので、そこまで読んで対応しなければならないとか…。やる事は色々とあるはずなので、元気を出してお客様と対峙していかねばならないと思いますね。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・大雪で、魚群どころか、魚なし…
(解説)
*久しぶりに『CR大海スペシャル』を発見したので勝負してみました。いやー、わかっちゃいたけど演出が全然でない海シリーズはキツイ!! 5000円でギブアップです。いつになったら今月のマイナスを回復できるのか…寒い日の海はダメですな(笑)。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る