> > お店作りの今のトレンドは?
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

お店作りの今のトレンドは?
2010/03/16

あー、ベッカム!! ケガをしてしまいワールドカップ出場は絶望的ってニュースが入ってきました。34歳…さすがに、今回が最後という年齢だと思うのですが、4大会連続がかかっていただけに寂しいです。

さて本題に。今日は先日某ホールオーナーから相談された「パチンコフロア作り」の今後についての話。最近、1パチの普及率が一気に増えてきて、このペースでいくと全国のパチンコ店全店が1パチ導入っていう日も近いのではないかな?とのことでした。オイラもそんな勢いを感じています。

経営者目線で言うと、やはり1パチは稼働は伸びても売上が減少するので、さらなるローコストオペレーションが必要。人を使わないようにするには…個別に計数機が設置されている「パーソナルシステム」が有効で、今でもそうですけれども、一気にこの設備が1パチに導入されるのではないかな?と。

さらに4円パチンコの方は…恐らくMAXタイプ中心のやや射幸性の高い機種を設置して、短時間勝負を好むプレイヤー層を取り込んでいくという戦略が出てくるのでは?と言われました。今でもその傾向は少し垣間見られますよね。

多階層のパチンコ店なら区分けがしやすいですが、同フロアであれば玉の持ち込みを含めた対応なども検討しなければならないため、設備投資もそういった部分(省力化とゴト対策)に注力されるでしょう。

ちょっと悪い立地でも、1パチならば出店コストと運営コストを極力抑えて積極的に出店しようというお店も出てきましたから、これからも「パチンコ店のダウンサイジング・モデル」はさらに広がると思いますね。また、景気が上がってきた時にユーザーがどのように反応するか?にも注目であります。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・ゼブラ柄、キリンもトラも、ハズレるぜ!!(悲)
(解説)
*ちょっと思い出したんですけども、先週は『あしたのジョー』でゼブラ柄、『蒼天の拳』でキリン柄、『ルパン』でトラ柄…みんなハズシましてね。これだけ天に愛されていないと悲しいですよ。毎日掃除しようかなぁ?




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る