> > 甘デジの時代が再び??
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

甘デジの時代が再び??
2010/04/28

やっぱりエリカ様…離婚調停中って事みたいですね。ブログで公表したらしい。これからはエイベックスにでも行くのかな?まあ、あんまり興味ないんですけどね。若いんで頑張ってもらいたいものですが。

さて本題に。今日は甘デジの話をしたいと思います。おっと、どうやらこの「甘デジ」の「甘」という表現はダメらしく「遊パチ」「羽根パチ」とか言わないといけないらしいです。「甘い」は射幸心をそそるって事みたいです。でも、甘デジって言ってしまう事をお許しください。

前回の内規変更で、時短回数などに制限が加えられたのはご存じの通り。そして、最近で1パチに押されて、甘デジコーナーも人気に少し陰りが見えてきております。

そもそも甘デジは、大当たり確率も抑えて出玉も抑えて…という仕様なわけですが、オマケという形で1%だけ16Rをつけたり、時短回数を増やして電サポ状態での引き戻しを期待させたりと、様々です。

ところが、打っている人は分かると思いますが、最近では釘調整がキツイのもさながら1日打っても勝てません。差玉が出ない機種は、その分ベースが高くなければ現金投資が大きくなりますから。当然ですけども負けます。1000円や2000円で当たれば良いですが、回転率が悪ければデジパチよりも「勝てるチャンス」は少ないですしね。

しかし!しかしですね、今、一物二価の問題が浮上し、1パチも等価交換に変更するお店が増えており、再び甘デジ機種にスポットが当たっている状態であります。面白いものであります。

今後の主力にはなりえないと思いますが、使い方次第ではライトミドルタイプと同様に、甘デジコーナーもスポットを浴びる事になるでしょう。だからこそ、新内規に即したパチンコ機のスペックに注目したい所です。辛いのか?甘いのか?という判断はプレイヤー次第ですが、詳しい情報をもっとお店側も公開すべきだと思いますね。ちょっとザックリし過ぎるかなぁ?と思っておりますよ。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・STは、お金が減るのも、スペシャルだ!
(解説)
*ええ、STってストックタイムじゃございませんで。スペシャルタイムなわけですが、ホント、お金が減るのもスペシャルですよね〜。また、桜MAXで負けまして。GW中はお宮参りしかありませんよ。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る