> > アイデア探しの「ヒット機」研究って?
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

アイデア探しの「ヒット機」研究って?
2010/05/25

悲しい…とても悲しい。「ラッシャー木村さん、死去」というニュース。「耐えて燃えろ」「兄貴!」など、大好きでした。猪木VS国際プロレス3人のハンデ戦、懐かしいです。ご冥福をお祈り致します。うぅ、悲しい。

さて本題に。今日は朝から大雨で、しかも意地で起きたものだから、とってもつらかったであります(笑)

で、とあるパチスロメーカーの方と久々の商談。昔、同じ職場だったので、昔話で盛り上がったわけですが、いやー、今は実に厳しい時代になったものです。

話題は開発の話になったわけですが、ヒット機種の分析…売れた理由とその当時の時代背景、そういった事を分析するまではいいのですが、最終最後は、そこから「何を生みだすか?」って話になりまして。

だって、パチスロもエンターテインメントですからね、過去に売れた機種の良いところばかりを集めても、それは二番煎じになってしまうし、確実に売れるのか?という保証はありません。

果敢に新しい物を作っていくという…モチベーションとでもいうのでしょうかね? そういう部分が今は大事だ、というお話でありました。確かに100や200機種で1つのヒット機種を出すというのは難しいかも知れません。もっとチャレンジしていかねばなりませんが、でも、チャンスはありますからね。

「新しいもの」って、一体、何だろう?とも思うわけですが、その部分のアイデアを見つけていく…そういった事であれば「ヒット機種の研究」というのも生きてくるんだろうと思うのです。

ぜひぜひ、大・大ヒット機種、リリースしてもらいたいものであります。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・突然の、パチンコ店に、目をつぶり…
(解説)
*金欠くんなので、なるべくパチンコ・パチスロから遠ざかった生活をしたかったのですが…知らない場所でパチンコ店を発見!「ダメだ、ダメだ…」とシンジくんのモノマネしながら、目をつぶりながら通過しました。あー、悲しい。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る