> > 販社さんも…生き残りを賭けて勝負?
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

販社さんも…生き残りを賭けて勝負?
2010/06/11

AKB48、総選挙のニュースがたくさん流れてますね。しかし、AKB48って凄い人気だなぁ。パチンコの噂があるけど、どうなんだろうか? ムーブメントを起こしているのは間違いないようなので期待したいですけどね。

さて本題に。今日も暑い! 暑いですね。スーツを着るのが嫌になりますが、寒いよりは暑い方が好きなのでこのままでもイイかな?なんて思ってしまいます。

で、今日は某販社さんとの歓談。販社さんって、あまり業界の中では目立っていないのですが、実はとても重要な役割を持っています。ただ機械だけを販売するのではなく、お店の要望や要求に対してフットワークよく立ち回っていろんな意味で店舗をサポートしてくれる存在。しかし昨今は、商売として厳しくなってきた…と嘆いておりました。

一つは、中古機の新流通システムが6月から始まったわけですが、ちょっと現場が混乱して流通が停滞している背景があるみたいです。基本的にお店がやらなければならない仕事も増えたりして大変なようです。

もう一つが、遊技機自体の流通台数が減少してきたって話。これは景気の影響も大きいわけですが、新台・中古機かかわらず動きが鈍化してきて、全体的に下がっているということです。

加えて、10月末頃から12月頭くらいまでの約1カ月間はAPECの国際会議が開かれるので、パチンコ店は入替自粛期間を設定しており、この期間も機械販売は開店休業状態というわけですね。

だからといって販社は不必要になってきたか?というと、そういう事ではありません。前述通り重要な役割を担っているし、なによりお店にとって必要不可欠な存在ですから、違った側面で店舗サポートの方法を考えてなんとか生き残ってもらいたいものだなぁと思っております。

まあ、いろんな意味でパチンコの「ビジネスモデル」全体を変革していかねばならないのでしょうが…。根本改革がいよいよ必要なのでしょう。地道に積み上げていくほかないですね。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・シャカRUSH、そんなに叩けば、バチあたる!
(解説)
*ドットのマルホン工業の『CRシャカRUSH』を打っていたわけですが、隣のおばちゃんがですね、シャカを叩くわけですよ、バンバン。それを見ていて、なんだか変な気分になってしまい…。あっという間に席を立ってしまったんですけどね。うーむ。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る