> > 出玉系イベントも考え時かも?
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

出玉系イベントも考え時かも?
2010/06/14

AKB48の選挙…大変な議論を呼んでいるみたいですね。CD1枚につき「投票権」がついているという部分ですが、たくさん買った人もいて…。買う人がいるから「そういう売り方も正しい」という人もいる…これも正論でしょうが、賛否両論あって次回も同じビジネスマターで進めるのか? 動向が気になるところです。

さて本題に。今日は休日でしたが仕事でございました。クライアント先の一大イベントって事もあり、朝から出勤でございます。

まあ、大きなイベントという事もあって朝からずっと高稼働をキープしていたわけですが、オイラが見ても常連さんだけでなく、遠方からプロっぽい方々がたくさん集まってきておりました。

最近は常連さんの数も減少しておりましたが、プロっぽい人の立ち回りも…少し変わってきたように思いますね。イベント狙いっていうのが基本でしょうけども、エリアが凄く広くなったっていうのと同時に、それ以外の「活動休息日」をキチンと設けてあって、出勤日数は凄く減少しているように思います。

特に、パチスロの新台入替時は…まず来ません。もちろん、お店の信頼度やエリアなどの特徴があるので、一概にはいえませんが、どうやら機種分析と同時にお店の設定動向などを1週間〜2週間程度観察している、と思われます。だって、周りで知らない人が打たずにウロウロしているのがカメラに映ってますからね。

「ここ!」っていう日と台をピンポイントで狙ってくるという感じです。それはそれでOKだと思いますが、とにかくプロの方も慎重に慎重に立ち回っているという感想であります。

パチンコに至っては、最近、離れているというのが現状。止め打ちは当たり前にやりますが、日当とリスクなどを計算して余程のイベント以外は避けている感がありますね。

その間は、甘デジ中心の立ち回り。しかも長く打ちません。投資が少ないから損も少ない。出玉でいえばチロチロと立ち回り、ここぞ!というところまで他の機種には手を出さず…みたいな。

お店も対策を講じないわけではないですが、一番大事な全体の「雰囲気作り」という部分では、ちょっとマイナス要素の方が大きいかな?というのが今日の感想でしょうか。

出玉系イベントも、今後はもっと形を変えていかないとダメかなぁ、と思った次第であります。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・ケンシロウ、少し速いよ、落ち着けよ!
(解説) *北斗で大暴れしている機種を1台、見つけまして! しばらく見ていたのですが、まあ当たるのが速い! 当たっている時は面白そうな機種なんですけどね。ハマっている時とはエライ違いだ。(って、当たり前ですが)




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る