> > 早くもお盆明け…考えていかないと!
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

早くもお盆明け…考えていかないと!
2010/06/17

これはイイ話だ。長州力「沖縄・竹富島」観光大使就任ですって。もう長州力も58歳って事で、頑張っているなぁと感心する次第であります。年取ったんだ…と自分も改めて考える今日この頃。ちょっと寂しい感じがありますけどね。

さて本題に。今日も朝から暑かったですね。スーツも…何とかならないものか?と思ってしまうわけですが、室内との温度差が激しいからちょっと具合悪いわけであります。

さて本当に本題。で、今日もクライアント先に出向いて打ち合わせ。ちょっと今年のお盆明け以降の営業について喧々諤々議論をしておりました。何せ、パチンコ・パチスロ機の動向もあまり見えず、販売方針もわからないので予想がつかないのですが、最近は「新台の種類を豊富に、小台数導入」するより「前評判の高い人気の機種を多台数」導入する方が確実に効果があがるのでは?と。最も、導入前に勝負できる機種か?とか、評判が高いか?という見極めが重要ですが、スペック性能なんかもあるので、トータル的に見ていかないといけないんですけどね。ここは、慌ててもどうにかなる問題でもないので、慎重に駒を進めようという事になりました。

で、次は出玉。これも最近は事情がちょっと異なってきて、結果として薄利になったとしても、そのプロセス次第では逆効果って面もあり…。パチンコの場合は「連ちゃん→即ヤメ」が流れになってきているので、客滞率を上げるには通常時のベースを上げていかねばならず…。そうなると、設置している機種のスペック性能で調整を考えていかねばなりませんので。タイプが大きく「初当たりが甘い機種」と「出玉の多い大当たりがある機種」では調整は当然異なりますからね。最近は後者の方がトレンドになりつつあるのかな?という体感がありますが。

パチスロの場合は、ノーマルAタイプやRTタイプは設定が効きやすいのですけども、ART機が難しい。現在、4割程度のシェアがありますから、ただ薄利にするのではなく「上手く魅せる」という点で苦労する部分です。お店全体のバランスを考慮しつつ、客層などでも大きく影響するので。

お盆明けは例年稼働が大きく下落しますが、今年はまだまだ景況感も悪く浮上する要素が見えないので、さらに下落するのでは?という時期であります。加えて、10月下旬から12月上旬頃までの区間は、APEC会議開催により入替自粛期間を各都道府県でそれぞれ設けているので、違う形で差を出していかねばなりませんしね。

入替と出玉だけでもこれだけ課題がありますから、その他要素についても今からキチンと考えていかないとなぁ、というところです。ただ、チャンスですけどね、他店よりも差をつける!という意味では。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・誘惑の、ブースカ発見!でも我慢…
(解説)
*今日はあまりに暑かったので、移動中に知らないパチ店で涼む気持ちで入りまして。そしたら、甘デジのブースカを発見! 「こ、これは…打ちたい!」と思いましたが、我慢しました。やっぱり時間のない時は難しいですからね。良く止まりましたよ。自分を褒めたいっす(笑)。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る