> > やっぱり敷居が高くなっているのか…
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

やっぱり敷居が高くなっているのか…
2010/06/22

こりゃ凄いニュースだ! 『注射より効く塗るワクチン用素材を開発』ですって。インフルエンザの注射も塗るだけでOKになれば、かなり楽ですよね。いまだに注射、苦手ですし(笑)。 ま、あんまり好きな人はいないと思うんですけどね。

さて本題に。今日は、以前、会社で一緒だった人と面談。今はパチンコ業界ではないところで大活躍中なわけですが、非常に有意義な話ができました。

まあ、最初は昔話をいろいろ…あの時は、この時は…あいつは今?とか、そういったヨモヤマ話で盛り上がりまして。でも、その方はパチンコ業界から離れていても、しっかりと外から業界を見ていらっしゃったわけです。

まず一言言われたのが「ホントに勝てない」という話。先日も『CR牙狼』を最後まで打ってやる!と意気込んでP店に向かったところ、単発5回のみ。9万負けだったという話。

さらにパチスロは…良くわからない!って話が出て。3号機や4号機の話はペラペラ出てくるんですけども、5号機になってさっぱりわからないから、ジャグラーしか打ってないとか。そのジャグラーも当たらない!とボヤいておりましたが(笑)

大事なのは、こういったケースの場合、ほかの多くのプレイヤーも同じ風に感じているって事。確かに「5回中1回勝てばOK」とか「10回中1回でもプラスになればマシ」という人もいるので、何とも言えないわけですが、昔よりも「敷居が高くなっている」のは間違いない話。

もっとメーカーとお店が一体になって、互いに収益を上げていけるビジネスモデルを考えていくっていうのが大事だなぁと思いましたよ。重要なのはプレイヤーのお財布事情ですね。1万円の消費スピードも上がってますから、5個・6個戻しのパチンコ機もアリだと思いますし、交換率も2.5円とか、そういう魅せ方だってアリだと思う。もちろん、機械代を削減してもらいたいと思うと同時に、お店のオペレーションについては、もっと合理化を図っていかねばならないかも知れませんので。

とにかく、その方がパチやスロをやめていなくて良かったです。今は「よーし、気合い入れてお店行くぞ!」とある程度、準備と心構えが必要になったくらいだとか(笑)。

でも、その気持ち、わかるな〜。気軽に遊べないもの。漫画喫茶とか行った方が精神的に安心する…。おっと、ダメダメ。弱気な事を言っても仕方ないので、これからも迷わず行きますよ!

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・今日もまた、スーパーマンは、実写出ず…。
(解説)
*大一の『CRスーパーマンリターンズ』を打ったんですけどね、いやー、全然当たる気がしません。MAXタイプだから?というのもあると思いますが、スーパーリーチにとにかく発展しないから、途中で心が折れてしまいましたよ。15000円使って見られないのなら…あきらめるしかないですね(笑)

《お詫びと訂正》
・6月21日のコラムで「デフレ時は貨幣価値が下がる」と書きましたが、実際は貨幣価値は相対的に「上がる」であります。申し訳ありませんでした。また、ご指摘頂いた方には感謝であります。ありがとうございました。…確かに1万円のありがたさを、今、ものすごく感じております(笑)。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る